アニメ『呪術廻戦』第14話、新OPが意味深?五条悟が持つ花が暗示するものは…

掲載/更新 0
アニメ『呪術廻戦』第14話、新OPが意味深?五条悟が持つ花が暗示するものは…
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第14話「京都姉妹校交流会-団体戦⓪-」。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。2021年から第二シーズンがスタートしたアニメ第14話「京都姉妹校交流会-団体戦⓪-」では、虎杖悠仁たちが通う呪術高専の姉妹校となる京都高の学生たちとの呪術合戦のプロローグが描かれました。

また、OPとEDが一新されたことも大きな話題に。特にOPについてファンの間では考察が繰り広げられているようです。

それでは、アニメ『呪術廻戦』1月15日(金)放送の第14話「京都姉妹校交流会-団体戦⓪-」を振り返り!

虎杖の“おっぱっぴー”にザワつく!?

アニメ5話で宿儺に心臓を抜き取られ、ほかの学生たちのなかでは死亡したことになっていた虎杖。交流会を前に五条悟先生はなにやら企んでいる様子で、伏黒たちへのサプライズドッキリが決行されます。

ライバルとなる京都高の学生たちと邂逅し、一触即発の雰囲気のなか、虎杖が一世を風靡した芸人・小島よしおの一発ギャグ「おっぱっぴー」で登場。
「虎杖のおっぱっぴーはみんなドン引き」、「おっぱっぴーを見ると芥見先生と同世代だとわかる」などかつてバラエティ番組『エンタの神様』で育った大人たちから大きな反響があったようです。

また、Cパートのじゅじゅさんぽで「おっぱっぴー」の意味が「オーシャンパシフィックピース」ということにも言及され、一時トレンド入りを果たすなど何かと話題性の多いシーンでもありました。
続けて、京都高校の新キャラクターたちがお目見え。

「西宮ちゃんの声が釘宮(理恵)さんでテンション上がる」、「三輪ちゃんと西宮ちゃんかわいさ増し増し!」、「加茂が煉獄さんにしか聞こえない」など気になるキャラクターは視聴者ごとに違うようでした。交流戦でどんなキャラクターがどんなバトルを繰り広げるのか楽しみです。

新OPがカッコいい!考察も盛り上がる

さて、14話放送で大きな話題になったのがリニューアルされたOP。

シーズン1のOPから引き続き、圧倒的な作画で描かれる映像は見応え満載で、「OPの美しさが最近のアニメでは最高峰」、「録画をコマ送りしてじっくりOPを見たい!」といった感嘆の声があがります。
ここまで登場していなかった重要キャラクター・乙骨憂太がチラリと登場したことも見どころのひとつでした。
印象的なカットがちりばめられていたOP映像が放送されると、「OPの情報量が多すぎる」、「鳥肌を誘う完成度に感動」といった感想が。そして、OPを受けてさまざまな考察が進められネット上は盛り上がりました。

それでは、ネット上ではどんな考察がされているのか、ここで一部取り上げてみましょう。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません