『おそ松さん』3期、“AIロボット”は何者? 全人類ニート化計画を企てている説が…「名前にも意味ありそう」

掲載/更新 0
『おそ松さん』3期、“AIロボット”は何者? 全人類ニート化計画を企てている説が…「名前にも意味ありそう」
現在、絶賛放送中のTVアニメ『おそ松さん』(テレビ東京ほか)。3期から登場した謎のAIロボット、作中に何やら“不穏な雰囲気”が漂わせているそうで……?
ギャグ漫画『おそ松くん』が原作のアニメ『おそ松さん(テレビ東京ほか)。
待望のアニメ第3期にファンも大盛り上がりのようですが、“AIロボット”が何やらファンをざわつかせているそうです。
彼らの目的は一体?

一体、何者なの?

AIロボットとは、第3期から登場したキャラクター。第2話にて松野家に届けられた“双子のAI”で、「シャケ」「ウメ」と命名されました。ちなみに作中では2人まとめて“オムスビ”と呼ばれることも。

彼らは、6つ子の前に現れた理由について「社会の底辺を這いずり回るヤバい人たちから優先的に助けてあげなきゃ」と説明。その言葉通り、だらしないニート生活を送る6つ子の身の回りの世話を何から何までやってくれます。
しかし実際はこっそりと6つ子のデータを集めているようなシャケとウメ。

第2話は、6つ子の映像を確認しながら「少しずつ少しずつ……」と呟くシャケとウメのシーンで幕切れとなりました。

ネット上では考察が白熱!

物語に不穏な影を落とす2人(?)ですが、ネット上では彼らに関する様々な考察が飛び交っているよう。

中には「ニートを肯定しているようだし、全人類ニート化計画を企てているのでは?」「じつはウメ=産め、シャケ=鮭(産卵)という意味があって、6つ子の生態サンプルを採取していたら怖いよね」などの意見も……。
果たしてシャケとウメが6つ子の前に現れた本当の理由とは? 今後の展開から目が離せませんね。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません