『鋼の錬金術師』の名言に学ぶ、人生に悩んだときの乗り越え方

掲載/更新 0
『鋼の錬金術師』の名言に学ぶ、人生に悩んだときの乗り越え方
連載当時、熱狂的なブームを起こした『鋼の錬金術師』(ハガレン)。20周年を迎えた今でも支持される理由のひとつは、名言・金言にあるのでしょう。そこで、日常で思い出したい名セリフをご紹介します。
2001年~2010年に『月刊少年ガンガン』にて連載されていた、荒川弘先生による『鋼の錬金術師』(通称:ハガレン)。
連載当初も大人から子どもまで、幅広い世代のファンに熱い支持を受けていた本作。
2021年には発行部数が8000万部を突破し、今年2022年には実写映画版の完結編が上映。さらに同年モバイルアプリも登場するなど、連載完結から10年以上が経った今でも多くの話題を呼んでいます。

『鋼の錬金術師』1巻 (スクウェア・エニックス)

『鋼の錬金術師』1巻 (スクウェア・エニックス)

そんなハガレンの大きな魅力のひとつが、作中にたくさん散りばめられた金言・名言です。そこで今回は時代を越えて、まだまだ大勢に愛され続ける本作に登場する名セリフをピックアップ。

「君のような勘のいいガキは嫌いだよ」など、もはやネットミームと化した有名セリフも存在しますが、本記事では日常に生きる私たちに大きな勇気を与えてくれるような名言をご紹介します。

【1】絶望の中でも足を止めるな――主人公・エドの心に刺さる台詞

『鋼の錬金術師 完全版』1巻 (スクウェア・エニックス)

『鋼の錬金術師 完全版』1巻 (スクウェア・エニックス)

立って歩け 前へ進め
あんたには立派な足がついてるじゃないか

(荒川弘『鋼の錬金術師』1巻より引用)

まず最初にご紹介したいのは、大勢のファンに未だに根強い人気を誇る特に有名なこちらの台詞です。
エルリック兄弟が本編最初に解決した、カルト宗教の悪事を暴いた事件。結果として二人は大勢の人々を救いましたが、解決直後には信じていた宗教の教祖の裏切りに、希望を失った信者も多数存在しました。
その中の一人であり、教祖の真の顔を知ったことで一時的に生きる望みを失ってしまった少女・ロゼ。絶望のあまり「これからどうやって生きていけばいいのかわからない」と泣き喚く彼女に対し、兄・エドワードが放ったのがこの言葉です。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません