『ひぐらし卒』第13話、沙都子の発症は演技だった?エウアが呼ぶ“フィーア”とは…

掲載/更新 0
『ひぐらし卒』第13話、沙都子の発症は演技だった?エウアが呼ぶ“フィーア”とは…
9月16日(木)、前作『業』の解答編『ひぐらしのなく頃に卒』第13話「神楽し編 其の弐」が放送。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。※ネタバレにご注意ください
IMAGE
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。
雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”=連続怪死事件を軸に、第1期「鬼隠し編」から第2期「祭囃し編」までが描かれ、2020年秋、完全新作『ひぐらしのなく頃に業』として再アニメ化されました。

今年7月1日(木)からは、『業』の解答編となる『ひぐらしのなく頃に卒』が放送開始。

9月16日(木)に放送された第13話「神楽し編 其の弐」では、梨花のフラッシュバックが話題に。SNSなどで特に注目されたポイントは?

沙都子の発症は演技か?“フィーア”との関係は…

オヤシロ様である羽入の登場で「アツい」と話題になった前回。
エウアは羽入を捕えると、記憶を失ったフィーアという人のことを話します。

ここで『なく頃に』のシリーズを追うファンの間で思い出されたのが、同じく竜騎士07さんによる同人ゲーム『キコニアのなく頃に』。同ゲームのなかにもフィーアという女性が登場することから、関連があるのでは?と一部ファンの間でザワザワ。ただし、その姿は沙都子ではなくある他の人物に似ているようで……。

以前も沙都子を「特異脊髄標本」などとも呼んでいたエウアですが、果たしてフィーアとは沙都子のことなのか……いずれにせよ沙都子に何らかの思い入れがあるようです。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません