『ドラゴンボール』の壮大さにクラス中が熱狂した。あの髪型を真似した人も?【“少年ジャンプ”黄金期を振り返る】

掲載/更新 0
『ドラゴンボール』の壮大さにクラス中が熱狂した。あの髪型を真似した人も?【“少年ジャンプ”黄金期を振り返る】
数々の名作が世代を超えて受け継がれ、2018年には創刊50周年を迎えた『週刊少年ジャンプ』。今回は少年ジャンプ黄金期の代表作とも言える、『ドラゴンボール』(DRAGON BALL)の思い出を当時からのファンに聞きました。
IMAGE
1984年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、幾度ものTVアニメ化を経て、大ブームを起こした長寿作品『ドラゴンボール』(鳥山明先生著)。
孫悟空を中心としたスケールの大きな冒険とバトルは、フランスやスペインなど世界各国でも人気を博し、アメリカで実写映画が製作されたことも大きな話題となりました。

今回は、まさに日本の代表的作品と言える本作を、連載当時から知るファンの声とともに振り返ります。
バトル漫画のイメージが強くありますが、熱狂的な女性ファンも多く存在しているようです。

 Blu-ray『DRAGON BALL THE MOVIES  ♯08』

Blu-ray『DRAGON BALL THE MOVIES ♯08』

月曜の朝はクラス中が大騒ぎ!ハマったきっかけは?

老若男女を虜にした『ドラゴンボール』。学校の過半数が愛読者だったため、月曜日の朝にジャンプを持ってきた子がヒーローだった……というエピソードも聞かれました。
皆がハマったポイントを挙げればキリが無いですが、その中でも‟ここ!”と熱く語られたのは?

「やっぱり‟天下一武道会”が一番最初にハマったポイントです。今でこそ勝ち上がっていくバトルはジャンプで定番の展開だけど、最初に印象付けたのは『ドラゴンボール』だったと思います。亀仙人とクリリンの師弟対決も、コミカルだけど熱かった!」

「熱中するきっかけになったのは、サイヤ人のラディッツが地球に襲来して、それまで地球の中で進んでいたストーリーが宇宙まで展開され始めた時。悟空のしっぽやピッコロで宇宙人という存在は示唆されていたものの、こんなにスケールのでかい話になるの……!?と驚いたことを覚えています。‟スカウター”という装置で相手の戦闘力を数値で見るのも、近未来的で斬新でした」
ラディッツといえば、農夫のおじさんに言い放った「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」というセリフは有名。
「私の戦闘力は53万です」というフリーザのセリフとともにネット上でよく見られる言葉ですね。
印象的なセリフを数多く生み出したのも『ドラゴンボール』の凄さでしょう。

また、「ラディッツ戦では『えっ、主人公死ぬのーーー!?これからもっと強いやつが来るのに!?』と衝撃を受けました。その後、息子の悟飯に主人公が交代することも当時は新鮮でしたね」と、世代を超えるストーリーにもドキドキさせられていたようです。

DVD『DRAGON BALL #1』

DVD『DRAGON BALL #1』

イケメン・トランクスに女子も男子も憧れた

「『ドラゴンボール』で萌え倒したのは、ピッコロと幼い悟飯の組み合わせ。ピッコロは戦力になるからと悟飯を育てたのに、情が移って親の顔になるんですよね。
悟飯を命がけでかばって『甘さがうつっちまった』って言うシーンは、今でも読み直す度に号泣です」

「悪の権化だったピッコロが徐々に“ツンデレお母さん”キャラを発揮していくのが好きです(笑)。真面目なピッコロがとばっちりを受けて柄にもないことをする羽目になったり、気づけばコミカルキャラになってるところもたまりません」

そして外せないのが、常に人気上位にいたトランクスでしょう。

 DVD『DRAGON BALL Z』第24巻

DVD『DRAGON BALL Z』第24巻

「『ドラゴンボール』の人気投票ではたいてい強いキャラが上位を占めるんですが、例外的にトランクスは上位だったイメージがあります。‟流行のイケメン”って感じのビジュアルには、女子はもちろん、男子も密かに憧れていた子が多かったと思います」

「クラスの男子が、トランクスを真似して前髪をセンター分けにしてました(笑)。いかにも武闘派男子なキャラが多い中、クールだけどハートは優しい彼に胸キュンしてました」

女性ウケを狙わず、王道の少年マンガっぽさに溢れていたところも「好き」という声が多い『ドラゴンボール』。
‟心身ともに”男らしさで女性を惹きつけたキャラが多かったのも、特徴かもしれません。
15 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません