『半妖の夜叉姫』第27話の謎。麒麟丸はなぜ産霊山を恐れる?推測される3つのポイント

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第27話の謎。麒麟丸はなぜ産霊山を恐れる?推測される3つのポイント
『半妖の夜叉姫』第27話も、謎や疑問点への予想、考察が盛り上がりました。理玖の衝撃の正体から浮上した新たな疑問や時代樹の怪しさ、産霊山の謎を探ります。不思議な形の産霊山は、麒麟丸と関係が?みんなの考察は…
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。第27話「銀鱗の呪い」では、14年前りんの身に何が起こったのかがついに明かされました。りんが時代樹で眠り続けている訳は……。

次々謎が解けていく中で、理玖の驚きの正体が明らかに。その一方で、希林理時代樹に関する新たな謎も。また、産霊山と麒麟丸にある可能性も浮上……!?

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

理玖の正体はまさかの…!?

怪しい言動の数々から、正体が謎めいたままだった理玖。
第27話では、理玖は斬り落とされた麒麟丸の角だという衝撃の事実が明らかとなりました。

以前から理玖と麒麟丸には親子説などが囁かれ、麒麟丸の腹心という設定からも関係の深さは周知されていたものの、体の一部、それも角が理玖になったというのは想定外でしたね。

さらには理玖と麒麟丸は視界が繋がっており、理玖の見聞きしていること全てが麒麟丸へ筒抜けであったことも判明しました。
17 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません