『ヒプマイ』×『キンプリ』バトルが「マニアックすぎる完成度」と言われる理由って?

掲載/更新 0
『ヒプマイ』×『キンプリ』バトルが「マニアックすぎる完成度」と言われる理由って?
【後編はこちら!】『ヒプノシスマイク』の1stアルバム発売を記念してその魅力を、再び服部昇大さんに伺いました! 今回の記事ではアルバム未収録の「The Champion」や『ヒプマイ』×『キンプリ』のコラボについて直撃♪
IMAGE
木村昴さんや浅沼晋太郎さんなど人気男性声優12人によるラップバトルプロジェクト『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(以下、『ヒプマイ』)、待望の1stフルアルバム『Enter the Hypnosis Microphone』が2019年4月24日にリリース! 

アルバム発売を記念して、前回記事では日本語ラップ紹介マンガ『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』著者の服部昇大さんに1stアルバム楽曲のポイントを解説していただきました。
今回の【後編】記事ではアルバム未収録楽曲「The Champion」や、話題をさらった『KING OF PRISM 』(『キンプリ』)とのコラボなどについて伺います。『ヒプマイ』と『キンプリ』のコラボをヒップホップ界的に見てみると……!? 

『キンプリ』×『ヒプマイ』、作り込みのマニアックさに驚き

――1stアルバムには未収録ですが「The Champion」をZeebraさんが提供したことでも話題になりましたね。

服部昇大さん(以下、服部):「The Champion」大好きな曲なので、収録されてないのは残念ですね。
『ヒプマイ』で初めて「TRAP(トラップ)」という近年主流のトラックに挑戦している曲で、BPM(※編集部注:テンポのこと)が早くラップの乗せ方が従来のヒップホップと変わってくるのため、大変だと聞きます。「『ヒプマイ』はトラップもやるんだぞ!」という強い意志を感じました。
服部伊弉冉 一二三(CV:木島隆一)と観音坂独歩(CV:伊東健人)のふたりが色んなテクニカルなラップのアプローチをしてるなか、最終的に神宮寺寂雷(CV:速水奨)のほぼ喋りの反則的なラップがとにかくカッコイイですよね(笑)。

この曲のトラックメーカーも理貴という名前の若手で、武道館でもライブをした若手大人気グループ「BAD HOP」の2018年大ヒット曲「Kawasaki Drift」等も手がけている超本格派です。
ヒプノシスマイク シンジュク・ディビジョン麻天狼「The Champion」Trailer
――4月1日のエイプリルフールにはアニメ『KING OF PRISM』(以下、『キンプリ』)と『ヒプマイ』のソングバトルも盛り上がりました。

服部:『キンプリ』『プリティーリズム』シリーズからのファンで個人的に大好きだったので、あのコラボにはとても驚きました(笑)。曲も凝ってて面白かったです。

気に入らない相手への「DIS曲」をアップするというのはヒップホップによくある手法です。ただDIS曲を出すだけじゃなく、それを聞いた相手が「アンサー曲」を返すという、ヒップホップ的に言う「ビーフ(喧嘩)」を演出でしっかりやっているところにとても感心しました。ストーリー性があるんですよね。

「ここまで作り込んでもほとんどの『ヒプマイ』ファンはわからないくない!?」と思うほどのマニアック具合。
人の曲を使ってラップする「ビートジャック」という手法はあるんですが、ちょっとストリートな発想……というか権利的には違法なので、このコラボでは“REMIX”という形をとってるんだと思います。
――ニュースや女性誌での特集など大ヒットコンテンツとなっている『ヒプマイ』ですが、2017年発表当時から見守ってきた服部さんはこの現象をどう思いますか?

服部:最初は「へぇ~こんなのあるんだ。流行ったら面白いね」ぐらいの気持ちだったんですが、いまや本当に大流行していますね。CDショップやコンビニにまでヒプマイグッズが溢れ様々な雑誌で特集が組まれ、自分の知人やアシスタントまでが『ヒプマイ』ファンになっている事に本当に驚いています。

基本的にCD展開から発生したコンテンツで、ここまでのムーブメントを生める音楽の力ってすごいなと思います。まだまだ新しい展開もあるようですし、次は何をやってくれるのか非常に楽しみです。

『ヒプマイ』×『キンプリ』はラップガチ勢も驚き!?

『Enter the Hypnosis Microphone』【初回限定Drama Track盤】

――ありがとうございました!

■服部昇大さんプロフィール■
『未来は俺等の手の中〜J.P. STYLE GRAFFITI〜』で、第67回手塚賞準入選。同作が「月刊少年ジャンプ」に掲載されデビュー。2017年、6代目日ペンの美子ちゃんに就任。代表作に『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』(宝島社)『邦キチ!映子さん』(集英社)

●ヒプノシスマイク公式サイト:https://hypnosismic.com/
16 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません