危ない魅力にグッとくるマフィア作品をご紹介♡『アルカナ』『ピオフィ』『A3』etc...

危ない魅力にグッとくるマフィア作品をご紹介♡『アルカナ』『ピオフィ』『A3』etc...
"マフィア"という単語の由来が生まれた"シチリアの晩鐘事件"にちなんで、3月30日はマフィアの日に制定されています。危険な恋は魅力的――ということで、今回はマフィアを題材にした女性向けゲームを紹介します。
去る3月30日は"マフィアの日"でした。
そもそも"マフィア"とは? スーツを身に纏い、拳銃を扱う危険な職業……というイメージの方も多いかと思います。

"マフィアの日"の起源は1282年3月30日、フランス王族の支配に反発し、シチリア住民たちが起こした"シチリアの晩鐘事件"にあると言われており、それ故に、3月30日がマフィアの日に制定されているのです。

そんな現実世界では危険な"マフィア"ですが、ゲームのなかなら安心(!?)。実は危険な魅力のキャラクターとして描かれる女性向けゲームが色々とあるのです。今回はその中からいくつかの作品をご紹介します。番外編では"警察"キャラクターもご紹介します♪

石川界人出演の本格派『ピオフィオーレの晩鐘』

人気乙女ゲームブランド、オトメイトが2018年に発売したヒット作、『ピオフィオーレの晩鐘』
マフィアの由来ともいわれる"シチリアの晩鐘事件"から"晩鐘"というワードをとっていることからも、マフィアものの作品であることが伺えます。舞台も南イタリアと本格派です。

20世紀初頭、第一次世界大戦直後の南イタリア"ブルローネ"を舞台に、"ブルローネ・マフィア"と呼ばれる3つの組織がぶつかり合い、ヒロイン・リリアーナ(デフォルト名)は、本人も知らない、とある事情を抱えていることが原因で、いずれかの組織に身を寄せることになります。

若いながらも優秀で意外と面倒見がいい"ファルツォーネ"ファミリーのカポ(首領)、ダンテ・ファルツォーネ(CV.石川界人さん)をはじめ、魅力的なマフィアが沢山。
"ヴィスコンティ一家"を率いるギルバート・レッドフォード(CV.森久保祥太郎さん)は自由を愛する兄貴肌キャラ。
そして"老鼠(ラオシュー)"を率いるのはミステリアスで感情の読めない楊(CV.岡本信彦さん)です。

乙女ゲームあるあるですが、物心ついた頃から教会で暮らしていたヒロインには、自らの出自や家族に関する記憶がありません。
期せずしてマフィアの抗争に巻き込まれる中で、何故彼女が狙われるのか、謎が解き明かされていきます。
マフィアには属さない情報屋・オルロック(CV.豊永利行さん)にも注目です。
34 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは