『きのう何食べた?』第12話(最終回)2人だけの幸せの形。一緒に食べて生きること【西島秀俊×内野聖陽】

『きのう何食べた?』第12話(最終回)2人だけの幸せの形。一緒に食べて生きること【西島秀俊×内野聖陽】
テレビ東京系列にて放送中のドラマ『きのう何食べた?』が最終回! 第12話ではついにケンジがシロさんの実家に。両親との対面を果たします。名シーンとともに振り返りましょう♪ 
男性カップルの生活を描くよしながふみ先生原作のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。

倹約家で几帳面なイケメン弁護士・筧史朗(通称シロさん / 西島秀俊さん)と、人当たりが良くハートがふんわり乙女な美容師・矢吹賢二(通称ケンジ / 内野聖陽さん)という男性カップルの同棲生活あれこれを、ふたりの食事と人々との関わりを軸に描き出します。

ついに迎えた第12話(最終回)。お正月、シロさんはケンジを連れて実家を訪れます。両親との対面を経て、シロさんとケンジのこれからの生活はどう変わっていくのでしょう。2人の未来を予感させる最終話を振り返ります。

「自分が同性愛者だってこと、わかってたと思うんです」

ついにシロさんの実家を訪れることになったお正月、緊張しまくりのケンジは普段めったに着ないスーツにトレンチコートで身を固めていました。シロさんからは「なんか変」と言われますが、ケンジなりに“ちゃんとした”つもり。

ところが、玄関先でシロさんの両親と対面するも、両親はケンジをひと目見て硬直します。スリッパを差し出そうとした父親(田山涼成さん)は、うっかりスリッパ立てごと渡してしまうほど、動揺していました。

食事をし始めても会話は途切れまくり、ついに母親(梶芽衣子さん)はシロさんとその場を逃げ出してしまいました。取り残されたケンジは、父親からシロさんの高校時代のアルバムを見るか、と声をかけられます。

父親から高校時代のシロさんについて「呆れるほど勉強一筋だった」と聞いたケンジは、こんなふうに語りました。
26 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは