『ねほりんぱほりん』"同人作家"回が大反響!パワーワードの連発に山里・YOUも感心「いいお言葉で…」

掲載/更新 0
『ねほりんぱほりん』"同人作家"回が大反響!パワーワードの連発に山里・YOUも感心「いいお言葉で…」
腐女子回が大反響を呼んだ『ねほりんぱほりん』(『ねほぱほ』)。2020年10月14日のテーマ"同人作家"もさらなる反響が! またも名言連発の回となったようです。みんなの感想は?
山里亮太さんとYOUさんがモグラに、ゲストがブタに扮した人形で、普段言えないような深堀りトークを繰り広げる人気番組『ねほりんぱほりん』(Eテレ)。2020年10月14日放送回のテーマは「同人漫画家」でした!

以前に特集された“腐女子回”も大反響でしたが……果たして今回は!?

テーマは「同人作家」!名言が続出しすぎて……

番組には、はるみさん、やよいさん、ケントさんという同人作家がゲスト出演。山里さん、YOUさんからの質問に答えつつ、それぞれにとっての同人誌、漫画家としての活動について語るのですが……とにかく名言が多すぎるんです!

ゲストはそれぞれ、「同人漫画家はファンでありプロモーター」「同人誌性癖のカルテ」と、自分たちが同人誌を描く理由や動機について熱弁。ポンポンとパワーワードが飛び出すたびに、「はあ~、性癖のカルテ」「いいお言葉で…」 と、山里さんとYOUさんは感心しきり。
さらに“原作を否定するような作品もある”という事実について「抗争になったりしないの?」とのYOUさんの疑問に対しては、「誰かの地雷は誰かの主食」であり、同人誌は多様性を認めて楽しむ趣味なのだという答えが。

その考え方は「すべてのことに通じる」と山里さんもうなずき、その場に納得の空気が満ちていました!
ゲストのあまりの名言連発ぶりに、SNSも共感の声が続出。
「名言が多すぎるwww」「性癖のカルテ、めちゃくちゃしっくり来た」「誰かの地雷は…100%同意だわ」という声のほか「私の性癖ブックを受け取ってくれた人ありがとう」という“作家側”のコメントもチラホラと見られました!

また、二次創作・同人活動について「原作者は神」「お目こぼしいただいてるから活動できてる」「やめてと言われたらやめる準備はできている」と、三者三様に原作へのリスペクトを改めて強調。ゲストの皆さんのキャラクター愛・作品愛が深く感じられました。

⇒次ページ:赤松健先生、田中圭一先生も”同人愛”を語る

赤松健先生、田中圭一先生も同人愛を語る

また、番組後半には“プロとして活躍しながらも同人活動をしている漫画家”にもスポットライトが。

『魔法先生ネギま!』の作者である赤松健さんは、『セーラームーン』の同人誌を描いていた頃を、セーラーマーキュリーへの愛をこぼしながら振り返りつつ(笑)、同人から漫画家デビューするケースが増えていることにも言及。

「同人誌は創作のゆりかご」「裾野が広い山は高い」と、またここでも名言が飛び出します。
28 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません