小野賢章『腐女子、うっかりゲイに告る』第3話 ゲイが女性と付き合う意味って?

小野賢章『腐女子、うっかりゲイに告る』第3話 ゲイが女性と付き合う意味って?
小野賢章さんも出演するドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。ゲイと腐女子の関係を描くこのドラマ、第3話では「ゲイを隠して女性と付き合うということ」が描かれます。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、そ腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

第4話の前に印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第三話「The Show Must Go On」あらすじ

「普通」を手に入れるため、紗枝と付き合うことに決めた純。亮平(小越勇輝さん)から、女っ気のない純がもしかしてゲイなのではと心配していたことを打ち明けられ、「よかった、安心した」と言われます。

マコト(谷原章介さん)との待ち合わせに使っているバーを訪れた純は、オーナーでレズビアンのケイトさん(サラ・オレイン)に、彼女ができたことを明かしました。しかし「ゲイに彼女ができたこと」を「よくある話」と流され、「あなたはショーを始めてしまった」と伝えられます。

嫌になっても、全部放り投げて舞台から降りるまでは許されない、と。迎えに表れたマコトとバーを去る純に、ケイトさんは笑って「いつでも味方だからね」と声をかけるのでした。
21 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは