『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨と十二鬼月 キャラクター解説③ │その過去や能力、SNSでの声は?

IMAGE
童磨(どうま)

「あれー? 何か見覚えあるぞぉ 君の顔」
「これが恋というやつかなぁ」

女を好んで喰う上弦の弐。
蟲柱・胡蝶しのぶの姉を殺した鬼で、栗花落カナヲ伊之助とも交戦。
実は伊之助の母のことを知っており、一部では“父親説”もあった。
■性格・過去
友好的な笑みの裏に、猟奇性を秘めた鬼。
幼少期から宗教の教祖をしていたが、本人は非情に現実的で、肉親の死にすら何も感じなかった。
実はずっと“感情”というものに憧れていたような節もある。

■能力
冷気や氷で内臓を壊死させたり、人形“結晶の御子”を代わりに戦わせる。何より恐ろしいのは、女性を抱きしめて吸収する姿。
戦闘中は相手をおちょくるが、栗花落カナヲに挑発されて素に戻ったり、自分を罵る胡蝶しのぶに恋心を抱いたり、女性に影響されやすいようである。

猗窩座(あかざ)/悲しき過去を持つ武闘派

猗窩座(あかざ)

「よく生きていたものだ お前の様な弱者が」
「死んだところで三人と同じ場所には行けない」

引き締まった肉体を持つ、上弦の参。
“無限列車編”で炎柱の煉獄杏寿郎と交戦し、炭治郎にとって忘れられない存在となった。
無惨には“青い彼岸花”の捜索を命じられるなど特別扱いされているが、他の鬼と仲が悪く、秩序を重んじる黒死牟にいさめられる。
57 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは