『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨と十二鬼月 キャラクター解説③ │その過去や能力、SNSでの声は?

IMAGE
半天狗(はんてんぐ)

「恐ろしい恐ろしい」
「私が悪いのではない! この手が悪いのだ」

老人の姿をした上弦の肆。
弱気なこともあり最初は「本当に上弦?」と思った人も多いというが、自分可愛さのあまり、かなり高度な術を使う。
柱でも一人では絶対敵わない相手である。
■性格・過去
言い訳をして罪を逃れるのが人間の頃からの癖で、鬼殺隊を「弱い自分をいじめる悪者」だと思っている。
怖がりなところは無惨に嫌われそうだが、実力は確かなためかたまに「うざい」と思われる程度で済んでいるらしい。

■能力
喜怒哀楽を表した4体の鬼の分身を生み出し、彼らが風や雷で戦っている間に自分は逃げ回る。
しかも小人のように小さいため、探すのが厄介。
分身たちの放つ技は協力で、炭治郎らを助けに来た恋柱・甘露寺蜜璃は、その丈夫な身体でなんとか耐えた。

鳴女(なきめ)/無惨が重宝する女鬼

鳴女(なきめ)

「ずっとそこにいらっしゃいますよ」
「光栄で御座います」

半天狗の後、上弦の肆に入った女の鬼。
他の十二鬼月とは異なる能力で重宝されており、無限城で愈史郎が彼女を攻撃した際、無惨はかなり取り乱した。
■性格・過去
美人の気配を漂わせるもの静かな女性で、過去が不明なことから回想シーンを望む声が多い。
コミックのおまけページでは、十二鬼月が無限城でケンカを始めた時の本音が明かされ、「意外」「親しみ感じる!」と反響を呼んだ。
また、ナンパしてきた童磨を外に飛ばしたことから「うっとおしい」という感情は持っているらしい。

■能力
琵琶を弾くことで相手をワープさせたり壁や天井を動かせる他、“眼球鬼”に敵を探索させるなど、その力は「直接的な攻撃より厄介」とされている。
血鬼術を使う際は前髪が開き、一つ目が露になる。
(ちなみに十二鬼月を降ろされた鬼・響凱も同じ能力を持っていたため、当初は無惨に鳴女のような活躍を期待されていたという説がある)

玉壺(ぎょっこ)/個性は一番?コアな人気あり

71 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは