『腐女子、うっかりゲイに告る』第4話「同性愛者はどうして生まれてくると思う?」答えは…

掲載/更新 0
『腐女子、うっかりゲイに告る』第4話「同性愛者はどうして生まれてくると思う?」答えは…
小野賢章さんも出演するドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る』。ゲイと腐女子の関係を描くこのドラマ、第4話では同性愛者である自分たちが「生まれてきた理由」を問いかけます。
NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(こく)る』。

ゲイであることを隠して生活する高校生・安藤純(金子大地さん)と、腐女子である三浦紗枝(藤野涼子さん)2人が直面する葛藤や、周囲を巻き込んで築き上げられていく関係性が描かれます。

そして同じくゲイであるミスター・ファーレンハイト(声:小野賢章さん)。ネット上だけの友人でありながら、純が唯一すべてを打ち明けられる彼の言葉が、純の心と物語を動かしていきます。

第4話の前に印象的なシーンとともに振り返っていきましょう!

第四話「The March Of The Black Queen」あらすじ

恋人が死んだことを純に打ち明けたあと、メッセンジャーに現れなくなったファーレンハイト。QUEENの思い出、恋人がAIDSを発症していたこと、交際を両親に反対されたこと、葬儀に参列できなかったこと……。
純は、愛する人を悼むことも許されない現実に「僕たちの居場所はないのか」と打ちひしがれます。

純と紗枝は家デートの失敗以来、ぎこちなくなっていました。そんな中、以前BLのイベントで会った姐さん(望月綾乃さん)と彼氏の隼人(亀島一徳さん)の4人で温泉デートをすることに。
最初こそ愛想よく振る舞っていた純ですが、酔った姐さんが暴走。隼人と純に壁ドンや"絡み"を要求するという無茶ぶりに耐えかね、逃げ出してしまいます。

後を追ってきた紗枝と話すうち徐々に心がほぐれていく純。ようやく笑顔が戻ってきた矢先、スマートフォンに着信が。届いたのは、ファーレンハイトからの遺書でした。彼は、亡くなった恋人の後を追ってしまったのです。

我を失い、紗枝をおいて温泉の館内を泣きながらさまよう純。そんな純を見つけ抱きとめたのは、家族と温泉を訪れていた恋人のマコト(谷原章介さん)でした。泣きじゃくる純を抱きしめ、キスをするマコト。

ところがそんな2人に、スマートフォンが投げつけられます。顔をあげた純の視線の先には、驚く紗枝の姿がありました……。

ファーレンハイト「僕たちのような人間は、どうして生まれてくると思う?」

常に純の悩みを聞き、ときに道を示し、良き友であり相談相手でもあったファーレンハイト。そんな彼ですら「最後までわからなかった」と言った問いがありました。

「僕たちのような人間は、どうして生まれてくると思う?」
「種の存続が生物の目的なら、僕たちみたいな生き物がどうして必要なんだ?」

彼の問いは「自分はなぜ生まれてしまったのか」という苦しみでもあったでしょう。そしてそんな彼にとって、唯一の“生まれてきた理由”だった恋人を失ってしまった。
純にそんな思いをすべて伝え、本当に好きだったと言って命を絶ってしまった無二の友人。純が受けたショックと喪失感は図りしれません。

普通とは何だ? 君はどうしたいんだ? そう純に問い続け、自ら答えを見つけるよう促しつづけたファーレンハイト。実は彼自身がその答えを探していたんですね……。

「この子となら、本当の僕のままでも……」

紗枝に誘われ、ダンスの練習をはじめる純。ぎこちなく踊りながら「こんな時間がずっと続けばそれだけで私は幸せ」と笑う紗枝の言葉に、純は自分の中にたしかに、紗枝への好意があることを知ります。

「ああ、僕はこの子のことが好きなんだ……この子となら、本当の僕のままでも……」

無理やり普通になるのではなく、本当の自分を知り、受け入れてもらえるのではないか。そう思わせてくれる相手に出会えたかもしれないという期待が、純の表情に満ちているように思えました。
21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません