『鬼滅の刃』21巻の感想は?「表紙カバー下が尊すぎる…」「しょっぱなで大号泣」特装版付録も圧巻!

掲載/更新 0
『鬼滅の刃』21巻の感想は?「表紙カバー下が尊すぎる…」「しょっぱなで大号泣」特装版付録も圧巻!
2020年7月3日、『鬼滅の刃』21巻が発売されました。ストーリーの見どころや皆の感想は? 特装版の豪華付録もご紹介します♪
2020年7月3日、『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴先生)の21巻が発売されました。
“上弦の鬼”最強の黒死牟との戦いが決着を迎え、ラスボス・鬼舞辻無惨が動き出す……と盛り上がりは最高潮!

そんな21巻、ストーリーの見どころや皆の感想は? 特装版の付録もご紹介します♪

カバー下の珠世と愈史郎が尊い…

21巻の表紙は、肖像画のようにこちらへ視線を向ける珠世と愈史郎
カバーを外した本体の表紙には、愈史郎の珠世への想いを表すもう一つの絵が……!

多くのファンが胸きゅんすると同時に、SNSには「ストーリーと照らしあわせると切なすぎて……」「めくった瞬間泣いた」といった感想も見られました。
ふたりの幸せを願う人には、今回の表紙はまさに宝物と言えるのではないでしょうか。
ラスボス戦での、愈史郎の大活躍にも注目です。
特装版の付録は、炭治郎や鬼や柱たちがずらりと並んだ、圧巻の32キャラシールセット
1人ずつその個性を表す過去の台詞がついており、炭治郎と禰豆子が描かれた木箱風ケースに納められています。

アニメにも登場した錆兎、劇場版“無限列車編”の煉獄杏寿郎なども含まれている他、地味に登場回数が多い?鬼殺隊の村田さんまで。

「善逸が普通にかっこいいこと言ってる!」「懐かしい鬼もいて嬉しい」など、色々なキャラクター&シーンに想いを馳せることができる付録です。

見どころは“兄弟の絆” 

21巻で重要なテーマの一つが兄弟の絆

不死川&時透兄弟が涙を流しながら本音を言いあう場面に、「しょっぱで大号泣」「何度読み返してもしんどい」などの声があふれています。

鬼殺隊は果たしてどのように無惨を倒すのか? 禰豆子は人間に戻れるのか……?
今から最終巻が待ちきれません!

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。
12 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません