衝撃展開!『ONE PIECE』ゴムゴムの実に別名が?“古代兵器ウラヌス”との関係は…【第1037話】

掲載/更新 0
衝撃展開!『ONE PIECE』ゴムゴムの実に別名が?“古代兵器ウラヌス”との関係は…【第1037話】
週刊少年ジャンプ7号に掲載された『ONE PIECE』第1037話“酒龍八卦”。ある悪魔の実にはもう一つの名前があるという衝撃のラストシーンにネットは騒然。これまで見てきた物語がひっくり返るかもしれないその実とは一体……!?
IMAGE
週刊少年ジャンプ7号に掲載された『ONE PIECE』第1037話“酒龍八卦”​では、ルフィカイドウの戦いがますますヒートアップ! 一方、五老星の会話の中に衝撃的な情報が……!?

ある“悪魔の実”に別名があるとしてネットを騒がせている問題のラストシーン。読者の予想や考察は?

※記事の特性上、原作の内容に触れています。
読者をザワつかせている第1037話のラストシーンは、「五老星の意味深な会話」と「ワノ国近海に象主(ズニーシャ)到着」から構成されています。

五老星の会話の内容の中で特に注目を集めているのがとある“悪魔の実”について。
「あの実は我々にとっても伝説だ」「過去何百年も“覚醒”することなどなかった」「「世界政府」は……!!わざわざあの“悪魔の実”にもう一つの名を与えた」「歴史からその実の名前を消すため」と聞き捨てならないセリフの連続でした。

前後のコマから察するに、その悪魔の実は今ワノ国にあるよう。また、今まさに覚醒しているような口ぶりからはすでに誰かが食べている実であることが推測できます。一体、どの実なのか……!?

DVD『ONE PIECE 20THシーズン ワノ国編』piece.28

DVD『ONE PIECE 20THシーズン ワノ国編』piece.28

最有力候補はどれ?最も怪しいのは…

一番有力だと読者の間でも話題にのぼっているのはルフィの“ゴムゴムの実”

少し前の1017話でゴムゴムの実が政府の船で護送されるほど重要なものであったと明らかになったことが記憶に新しいですが、それが五老星の言う伝説の悪魔の実に通じていると考えられます。

これによって五老星と繋がりがあり、ゴムゴムの実を敵船から盗んだりと世界政府が隠蔽しているゴムゴムの実の秘密も知っていそうなシャンクスの怪しさもさらに増してきますね。
五老星はこの実は過去何百年も覚醒していないと発言していました。
22 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません