第3回|色と空間のバランス~お芝居は立体と色合い~音響監督菊田浩巳さん(3/4)

第3回|色と空間のバランス~お芝居は立体と色合い~音響監督菊田浩巳さん(3/4)
『おそ松さん』や『金色のコルダ』などを手がけた、音響監督菊田浩巳さんのインタビュー連載第3回。声優のキャスティングから作品の演出まで、アニメやゲームの制作現場に欠かせない役割を果たす”音響監督”。重要ながらも珍しいこの職業を目指したきっかけは、1980年代のアメリカドラマから!? その経歴を追っていきます。

菊田浩巳(きくた ひろみ)
音響監督(楽音舎)。1990年代より海外映画やドラマの吹き替えに携わり、2000年以降は、キャスティングやスタジオでのディレクションを務める音響監督として最前線で活躍。近年の主な担当作品では、アニメ『おそ松さん』、『ハイキュー!!』、『ボールルームへようこそ』、ゲーム『アンジェリーク』、『金色のコルダ』、『夢色キャスト』など多数を手がける。

■関連記事
音響監督菊田浩巳さんインタビュー(全4回)
第1回|声優と芝居とアニメとゲームと
第2回|『金色のコルダ』キャスティング秘話
第3回|色と空間のバランス~お芝居は立体と色合い
第4回|キャスティングと設計図

 

音響監督を目指すきっかけは海外ドラマとドライブ?

――音響監督は珍しい職業といえますが、何がきっかけで「なろう!」と思われたのですか?

菊田浩巳(以下、菊田) 家族も自分自身も国語の教師になるだろうって漠然と思ってたんですが、進路を考える段になって、何かよくわからないけどちょっと違うかな、と思ってしまったんです。で、どうしようかなぁと思ってた時に、好きなものがそういえばあったなぁって……。
元々母がですね、外画(※1)の吹き替えドラマが好きな人だったので、小さい頃から一緒に見てることが多くて。その影響もあって「吹替えってスゴイなぁ」って、「声のお芝居って面白い」と思うようになりましたね。

――お芝居に興味を持った場合、ふつうは役者を目指すのではないでしょうか?

菊田 あー無理です無理。そんな柄じゃありませんよ(笑)。とにかく外画の吹き替えが好きでしたからね。子供の頃に観ていたテレビは、アメリカのドラマが多かった。『白バイ野郎ジョン&パンチ』、『刑事スタスキー&ハッチ』、『チャーリーズ・エンジェル』、『パトカーアダム30』、『特攻野郎Aチーム』、『ナイトライダー』『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』とか(※2)。

――古き良きアメリカドラマの名作ラインナップです!

菊田 とにかく母はいくつになっても乙女な人で、外国の俳優さん、特に目のキレイな男性が大好きで。彼女が一番好きだったのはケヴィン・コスナー。彼がどんなに素敵なのかを、父がいるにも関わらずうっとりしながら私に語っていましたね(笑)。
「声のいいの~~」とか言っていましたが、もしかしたらそれは津嘉山(正種※3)さんが吹替えていた声のことだったんじゃないか、って今は思ってます。そんなこともあって、吹替え作品を作る仕事があるという認識はありました。

――ご両親の影響も大きかったのですね。

菊田 そうですね。母はお話した通りなのですが、実は私は父親っ子でして。父はクルマで家族旅行をするのが好きな人だったんです。ある時突然旅行が始まる人で、どこに向かっているのか、何日泊まるのかもわからない(笑)。車での旅行。
だから、私の記憶に残っている風景は、車の中からみたものがほとんどなんです。カーブが開けた瞬間の、山や空の景色が一気に目に飛び込んでくる感じ。その季節ならではの色。木々の深い緑であったり鮮やかな紅葉であったり、空の青であったり。本当に小さな頃からの風景が心と体と脳に蓄積されています。それって立体で入ってきますよね? 
アニメは平面で描かれてますが、画面の中の世界には本当は奥行きがある。お芝居を立体的に組み立てていくのは、父親との車での家族旅行のおかげなのでは? と考えています。

――立体で芝居を捉えているのですか?

菊田 そうです。それから答えを明確に決めておかないタイプで、ディレクションの的は意外と広くて。でも作品の色合いとかシーンの色合いとかだけははっきりしていて。作品・シーンの色合いはピンク・オレンジ・青・グレーとか。
たとえば青だとしましょうか。イメージ的にはクールとか夏の感じとか(これは私の中の色に対するイメージなのですが)。ただそこにはめる芝居は私の思い描いている青と同色じゃなくても良い。水色も青に含まれるし、青の強い紫でも良い。でも黄色はダメみたいな。そんな風に捉えています。立体感と色のバランス。これを大事にしている気がします。

――色と空間が演出の素地になっていらっしゃるのですね。では、他にはありますでしょうか? 

菊田 学校には通いましたが、何故その学校を選んだのかといった理由はまったく覚えていなくて、ヌケているんですよね。授業で学んだこともほとんど残っていない(苦笑)。
けれど、学校の先生の伝手で羽佐間道夫さん(※4)にインタビューをさせて頂いたことがありました。それでやっぱり声の芝居、吹き替えというのは面白いな、というのを羽佐間さんの表情や音色から感じましたね。だからある意味、羽佐間さんが恩人です。学生の時だから、羽佐間さんご自身は覚えてないと思います。

(※1)外画(がいが)……日本以外で制作された映像作品のことを指す。海外ドラマ、海外映画のこと。外画ドラマ、洋画、洋ドラともいう。
(※2)津嘉山正種さん……俳優、声優、ナレーター。ケビン・コスナーをはじめ、ロバート・デ・ニーロ、リチャード・ギアなど多くの名優の吹き替えを担当。
(※3)『白バイ野郎ジョン&パンチ』:1977~1983年放映。ChiPs(カリフォルニア・ハイウェイ・パトロール)の活躍を描いた、陽気なポリスアクションシリーズ。吹き替えは田中秀幸さん、古川登志夫さんのお二人。『刑事スタスキー&ハッチ』:1975年~1979年放映の米・ロサンゼルスが舞台の刑事ドラマシリーズ。吹き替えは下條アトムさんと高岡健二さんが担当した。以下、『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』まで、1980年代アメリカドラマを象徴する傑作たちです。
(※4)羽佐間道夫さん……こちらも言わずとしれた声優、ナレーター、俳優。吹き替えでは、アル・パチーノ、シルヴェスター・スタローンを始めとする多くの名優を担当。

13 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは