アニメ『呪術廻戦』第15話、五条悟の“好きなタイプ”疑惑にザワッ…。東堂のヤバさにも爆笑!?

掲載/更新 0
アニメ『呪術廻戦』第15話、五条悟の“好きなタイプ”疑惑にザワッ…。東堂のヤバさにも爆笑!?
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第15話「京都姉妹校交流会-団体戦①-」。東堂と虎杖の“記憶”や五条悟の好みのタイプ発言でネット上が話題に。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』アニメ第15話「京都姉妹校交流会ー団体戦①ー」では呪術高専の東京校と京都校が指定区域内の呪霊をどれだけ早く祓うことができるかを競う“チキチキ呪霊討伐 猛レース”がスタート。

スタートの合図を待たず、互いにバチバチの睨み合いに一触即発といった雰囲気。京都校学長・楽巌寺嘉伸から、交流戦に紛れて虎杖悠二の殺害を命令された京都校メンバーたちを、虎杖たちはどう攻略していくのか……。

それでは、アニメ『呪術廻戦』1月22日(金)放送の第15話「京都姉妹校交流会ー団体戦①ー」を振り返ります!

東堂のヤバさが際立つ!?“存在しない記憶”は…

呪霊を探す虎杖たちの間に真っ先に割って入ったのは東堂葵。学生でありながら一級呪術師の東堂に対し、虎杖は一歩も引くことなく激しい肉弾戦を繰り広げます。
緊迫した空気のなか「好みの女はどんなタイプだ?」と問う東堂に、「尻と身長のデカい女の子」と答える虎杖。

その瞬間、突如としてシーンが切り替わり、東堂と虎杖が同じ学校に通っていて親友同士という映像が差し込まれます。
「アニメだと東堂のやばさが際立つ」、「突然始まった東堂と虎杖の学生生活の回想はなんなの?」、「好きな女性のタイプに共感してからの回想シーン。めっちゃ面白い」など戸惑いつつもギャグ要素たっぷりのシーンに大きな反響が。

原作では「東堂の脳内に溢れだした 存在しない記憶」というト書きからはじまる一連のシーン。これが後々に重要な一節となり、ファンの考察熱を煽ることになります。
公式Twitterでも「この記憶は……!?」「最強コンビ、ユウジとアオイの記憶か…。」というアナウンスが発信されていますが、アニメではハッキリとは触れられていないようです。

五条の“タイプ”に騒然 三輪ちゃん?それとも夏油傑!?

さて、第15話では交流会のバトルが十二分に描かれますが、ネット上の話題をさらったのは京都校の女の子・三輪霞。彼女に関するエピソードは原作でも多くは語られていない、脇役のひとりでありながら、「三輪ちゃん」というワードがトレンド入りを果たす快挙を成し遂げています。
毎回恒例の癒しコーナー「じゅじゅさんぽ」で、“どんな人がタイプですか?”という問いに女の子たちが答えるバラエティ番組のようなシーンが描かれますが、最後のオチとして五条悟先生「いい子そうな子、前髪が特徴的な……」(三輪のこと)と答えます。

五条先生といえば作中で最強と謳われ、キャラクター人気でも上位に位置するトップランナー。アニメがスタートしてからは、「イケメン、軽薄、ミステリアス、白肌、髪の毛美しい、CV中村悠一」などの要素が相まって人気はうなぎ登り。ちなみに三輪は8話での五条との会話では真面目な顔をしつつも、心の中では浮かれて喜び躍る姿が描かれています。
30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません