『きのう何食べた?』第5話 男性カップルの"将来"にドキッ…「一生添い遂げるつもり?」西島秀俊×内野聖陽

掲載/更新 0
『きのう何食べた?』第5話  男性カップルの"将来"にドキッ…「一生添い遂げるつもり?」西島秀俊×内野聖陽
テレビ東京系列にて放送中のドラマ『きのう何食べた?』。第5話では男性カップルのシロさん (西島秀俊さん)&ケンジ (内野聖陽さん)を中心に家族のあり方について描かれました。第6話の前に名シーンとともに振り返りましょう♪
男性カップルの生活を描くよしながふみ先生原作のドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)。

倹約家で几帳面なイケメン弁護士・筧史朗(通称シロさん / 西島秀俊さん)と、人当たりが良くハートがふんわり乙女な美容師・矢吹賢二(通称ケンジ / 内野聖陽さん)という男性カップルの同棲生活あれこれを、ふたりの食事と人々との関わりを軸に描き出します。

第5話の舞台は"おおみそか"から"お正月"。今回は、誰もが思わず食べたくなってしまうような「ケンジの料理」も登場しましたね♪

「一生添いとげるつもりでいるの?」

第4話で手術を終えたシロさんのお父さん(志賀廣太郎さん)が、無事に退院することになりました。迎えに行ったシロさんは、両親とともに実家に帰ります。

お父さんの入院を経て、両親の絆を再確認したシロさんが「はじめて、夫婦っていいもんだなって思った」と言うと、すかさずお母さん(梶芽衣子さん)が食いつきました。

「そう思うなら、もっと真剣に考えたほうがいいんじゃないの?」
「その方(いま一緒に暮らしているケンジ)とは、一生添い遂げるつもりでいるの?」

唐突なお母さんの発言に面食らうシロさんですが「老い支度についてちゃんと話をしているのか?」とさらに詰め寄られ、今年の年末年始は帰ってくるようにと念を押されてしまうのでした。

「シロさんはさ、ちょっと贅沢だよね」

実家での出来事を、ケンジに話すシロさん。“老い支度”の話から、実家で出される食事の話まで、朝からシロさんの愚痴は止まりません。
そんなシロさんに対して、ケンジが静かにこう言います。

「シロさんはさ、ちょっと贅沢だよね」

「ゲイははずかしいことじゃない」「どんなでも受け入れる」……一人息子であるシロさんが、もう孫の顔を見せてくれることはないとわかった上で、たとえ上辺だけだとしても理解のある言い方をしてくれるということ。

それができるのはすごいことで、そんな母親にちょっとは感謝してもいいんじゃないかと終始穏やかな笑顔で語るケンジに、シロさんは返す言葉もありません。

あんかけチャーハンに鶏肉のオイスターソース炒め…こってりメニューで仲直り♡

複雑な気持ちで出勤するシロさん。「怒ってた--めずらしく真面目に怒ってたな、あれは」
仕事中もケンジの様子を思い出しながら、シロさんはケンジの実家がどこにあるかを知らないことに気づきます。

一方でケンジは、「実家に帰るようになったのは子どもが生まれてから」という店長の話を聞きながら、そもそも実家は普通行きづらいものだと知り、シロさんに強く言い過ぎたことを後悔していました。

そんなケンジを待っていたのは、あんかけチャーハンに、鶏肉のこってりオイスターソース炒めと、ケンジの好きながっつり系メニューばかりが並ぶ食卓。ケンジが落ち込んで帰ってくることを、シロさんは見越していたのです。

ケンジに「大晦日、家に帰ることにしたよ」と告げ、あんかけチャーハンをほおばりながら「やっぱ美味いな」とニッコリ笑うシロさん。ケンジもうれしそうでした。
ケンジが言ったことは決して間違いではないのですが、それでもシロさんに強く言い過ぎてしまったことをあとから反省するあたり、すごくケンジらしいなと思います。

そしてケンジが正しかったからこそ、ケンジに「謝らせなかった」シロさん。ケンジの大好きなメニューを並べて迎えるというのも、とってもシロさんらしかった!

お互いがお互いを思いやる形が、すごく素敵だなあとしみじみ感じたシーンでした。

「ちゃんと帰ってきてくれるってわかってるから」

27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません