『鬼滅の刃』完結で伏線回収!青い彼岸花に愈史郎…もうひとつの"あの謎"は?

『鬼滅の刃』完結で伏線回収!青い彼岸花に愈史郎…もうひとつの"あの謎"は?
『鬼滅の刃』最終回にて、これまでずっと謎とされてきた“青い彼岸花”について解明! 唯一の鬼として生き残った愈史郎のその後、そして残された謎とは?
IMAGE
5月18日に発売された『週刊少年ジャンプ』24号にて、『鬼滅の刃』(著:吾峠呼世晴)がついに完結。

先日紹介した3つの伏線と謎のうち、もっとも気になっている人が多いと思われる“青い彼岸花”の正体が、ついにあきらかに……! そして残された謎は?

※ネタバレがあります。未読の方はご注意ください。

■関連記事■
『鬼滅の刃』に残された3つの伏線と謎。最終回までに回収されるか?
『鬼滅の刃』キャラクター解説① 主人公・炭治郎と仲間達│人気の理由と鬼舞辻無惨戦での活躍を振り返り!

青い彼岸花、見つけられなかったわけは?

第205話の最終回では、炭治郎たちの子孫や生まれ変わりが現代の東京で生きる様子が描かれています。

その中で、はじまりの鬼である鬼舞辻無惨が長年探し続け、「『鬼滅の刃』の中でもっとも謎」と言われてきた“青い彼岸花”がついに登場!
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは