ヒプマイ2ndアルバム発売【ナゴヤ】波羅夷空却役 葉山翔太インタビュー!「ライブで神輿を担ぎたい!? ナゴヤの宴はでらすげぇ!」

掲載/更新 0
ヒプマイ2ndアルバム発売【ナゴヤ】波羅夷空却役 葉山翔太インタビュー!「ライブで神輿を担ぎたい!? ナゴヤの宴はでらすげぇ!」
『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』から、6月15日に2ndアルバム「CROSS A LINE」が発売! アルバム初参戦となる、ナゴヤ・ディビジョンBad Ass Temple(バッド アス テンプル)のリーダー波羅夷空却(はらい くうこう)を演じる葉山翔太さんにお話しを伺いました。
『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』から2ndアルバムが発売!

ナゴヤ・ディビジョンBad Ass Temple(バッド アス テンプル)のリーダー波羅夷空却(はらい くうこう)を演じる葉山翔太さんに、アルバムに収録される楽曲の聴きどころや、『ヒプマイ』に参加して変わったこと、ナゴヤの今後の野望をお聞きしました♪

2ndアルバムプレゼントの応募はこちら!
■『ヒプノシスマイク』2ndフルアルバム「CROSS A LINE」プレゼント

葉山さんと榊原さんのトークは女子会!?

――6月15日には2ndアルバム「CROSS A LINE」が発売されました。ナゴヤ・ディビジョンはアルバム初参加になりますよね?

 はい、あっという間に年月が経っていて驚きました。
『ヒプノシスマイク』のアルバムとしては3年ぶりらしいのですが、そんなに年月が経っている感覚がなくて……。CDだけじゃなくライブなども重ねてきての初のアルバム参加ということで、ナゴヤとしてやってきたことが形になるのは嬉しいなと改めて感じます。
――2019年9月開催の4th LIVEでBad Ass Templeの参戦が発表されてからもうすぐ3年。『ヒプマイ』に参加した頃と今で変わったなと思うことは?

 やっぱり、落ち着きが出てきたと思います。最初はビッグコンテンツに出させていただくということもあって、皆さんがこれまで築き上げてきたものを崩してはいけないぞって気負いもありました。すでに盤石だった『ヒプマイ』にプラスしていくということで、当時は今よりもまだまだ新人でしたし、皆さんに追いつくのに必死でした。
この3年間、チームの仲間やキャスト、スタッフさんたちと話すなかで「僕だったらこうやれるんじゃないか」みたいなことも考える余裕が生まれました。
――Bad Ass Templeキャストの榊原優希さん(四十物十四役)、竹内栄治さん(天国獄役)と仲良し度合いは?

 榊原くんとは一緒にラジオをやらせてもらっていることもあって、めちゃめちゃおしゃべりしてますが、竹内さんとは最近お会いできていなくて……。榊原くんはハチャメチャで楽しい性格だし、歳も近いから話も合うんですよね。僕と榊原くんが話していると、よく「女子会」って言われます。女子高生と女子大生の女子会。ちなみに、声のキーが高いので榊原くんが女子高生で、僕が女子大生です(笑)。

――そこに竹内さんが加わると……?

 お父さんポジションになりますね(笑)。

シンジュクに負けたのが悔しすぎて…

――ライブなどを経て、ナゴヤ以外で親しくなったキャストは誰でしょう?

 やっぱり、同じ時期に参加したオオサカ・ディビジョンどついたれ本舗のメンバーですね。オオサカは楽屋が一緒になることも多いし、岩崎諒太さん(白膠木簓役)とは『ヒプマイ』以外のお仕事でも一緒になることが多くて。岩崎さんご自身もすごく気さくな方なので、ナゴヤの仲間以外だと一番おしゃべりしていると思います。
あと、配信番組で各チームのリーダーが集結したときに、浅沼晋太郎さん(碧棺左馬刻役)紫色のスカジャンをくださって。今日着ようかなと思ったんですが、6月だとさすがに暑いので秋になったら着たいです。黒田崇矢さん(天谷奴零役)もスカジャンあげるよと言ってくれたんですが、まだもらっていないので催促していこうと思います(笑)。

――今日のお洋服もインナーが紫色ですが、『ヒプマイ』に参加してから紫のお洋服率が高くなったり?

 なりました! ナゴヤの参戦が発表された頃に紫色が流行っていたのもあって、紫色の持ち物が一気に増えた気がします。
――Bad Ass Templeは『ヒプマイ』のなかでもご当地色が強かったり、仏教用語が出てくる歌詞が特徴ですが、ナゴヤのラップを歌い続けられて成長したなと思われる部分は?

 ドラマパートにも仏教用語がたくさん出てくるんですよね。空却自身は悪ガキでお坊さんらしくないところもありますが、知識や考え方がしっかりしている部分は僕のなかにも根付いてきました。子供の頃に通っていた保育園がお寺の近くにあったので、甘茶を飲んだりと馴染みはありつつも、仏教について深く考えたことはなかったので毎回勉強になっています。
ラップの韻の踏み方もナゴヤはけっこう独特というか……。空却を演じるまではラップも聴くけどそこまで意識してはいなかったのですが、今は『ヒプマイ』以外の楽曲を聴くときの意識も変わってきています。
――このチームみたいな曲が歌ってみたいなという楽曲は?

 全部のチームであります! 
イケブクロのガンガン行くのもいいし、シブヤのポップさも楽しそうだし、シンジュクに負けたのが悔しすぎて麻天狼の「TOMOSHIBI」のイントロが頭から離れないですもん。「開眼」も近い雰囲気ではあると思うんですが、「TOMOSHIBI」のような曲もいつかBad Ass Templeで歌ってみたいです。他にも静かに沸々と湧き上がるような曲に憧れます。実際ナゴヤが歌うと、悟りが開けちゃいそうですね(笑)。
⇒次ページ
「でらすげぇ宴」でいつか餅まきを!
46 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません