用語集

黒歴史(くろれきし)

掲載/更新 0
黒歴史(くろれきし)
用語集テストバナー

「黒歴史」の意味

”忘れたい思い出” ”消したい記憶” ”人には言えない、知られたくない過去”などという意味で用いられるようになった。

ネット上の黒歴史は自分、他者、両方に使用することができるため、汎用性の高い語と言えるだろう。

「黒歴史」の由来・語源は?

アニメ『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』に登場した「黒歴史」が語源となり、転じてインターネット上で広く使われる用語となった。

作中では消滅した文明、宇宙戦争の歴史や遺物のことを指す。

ガンダムに搭載されている、すべての人工物を砂状に変えてしまうナノマシン・"月光蝶"により、文明が消滅。産業革命以前のレベルにまで退化してしまうが、無用な争いを引き起こすのを防ぐため、これまでの歴史や技術を、誰の目にも触れぬよう厳重に管理し、"葬る"こととなった。

作品内で"黒い"歴史と呼ばれるのは、宇宙世紀(『機動戦士ガンダム』)、未来世紀(『機動武闘伝Gガンダム』)、アフターコロニー(『新機動戦記ガンダムW』)、アフターウォー(『機動新世紀ガンダムX』)。
∀ガンダム』はガンダムシリーズの遠い未来の話であることが判明。当時業界に衝撃を与えた。

「黒歴史」の使い方を例文でチェック!

「怪我してないのに眼帯して、意味もなくカッターをカチカチし、図書室でこれ見よがしにできるだけグロい本を広げていた厨二病時代の黒歴史聞く?」
「なりチャにハマってたのは黒歴史だな……」
「"#あなたがキレるとこうなる"タグは黒歴史生産機w」

「黒歴史」に関連する言葉

公開処刑⇒“皆の前で恥ずかしい思いをする”状況を表したネットスラング。
厨二病/中二病⇒思春期特有の思想・行動・価値観が過剰に発現した病態のこと。
なりチャ⇒“チャットルーム”でマンガやゲームなどのキャラクター、あるいはオリジナルキャラクターに“なりきって”やり取りすること
8 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません