用語集

祭壇(さいだん)

掲載/更新 0
祭壇(さいだん)
用語集テストバナー

意味

「祭壇」(さいだん)とは、元々は神事や仏事など、宗教によって形状は異なるもの、供物などを捧げるための壇(台)や神殿などを指している。日本だと仏壇や神棚などが一般的。

そこから発展して、推しのグッズを大量に用意し、壇を組んで祭壇を模したものを指している。

「祭壇」と「痛バ」の違いは?

全て同じグッズで揃える場合、キャラクター縛りで様々なグッズを揃える場合など形式は様々。
推しの誕生日など、お祝い事に作られることが多い。

自分の好きなキャラクターの缶バッジやキーホルダー、ラバーストラップ、ぬいぐるみなどのグッズを、トートバッグやリュックに大量につける「痛バ」と似ているが、自宅でひっそりでくる分オタクであることをオープンにしていない人も参加しやすい儀式となる。

使用されるグッズに決まりはないので「痛バ」につけている「ぬい」を外して「祭壇」に置くことも可能だが、持ち歩きに適さない大型のグッズや、CD、DVD、BDなどを並べることも。
8 件
用語集テストバナー

関連用語

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません