『半妖の夜叉姫』第6話、前作『犬夜叉』オマージュがエモい…!とわの衝撃発言には意見が真っ二つ

『半妖の夜叉姫』第6話、前作『犬夜叉』オマージュがエモい…!とわの衝撃発言には意見が真っ二つ
『半妖の夜叉姫』第6話を振り返り! 『犬夜叉』にも登場したエピソードのオマージュ感あるストーリーが話題をさらいました。また、とわのある発言に視聴者の意見は…。ほか感想やポイントは?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。11月7日に放送された第6話「古寺の猫寿庵」では、旅人行方不明事件の犯人とみられる化け猫たちを追って古寺に辿り着いたとわたち。そこで、芽衣が大好きだという現代のアイドル・ジュリアンくんに瓜二つの僧・寿庵に出会います。

今回は『犬夜叉』エピソードのオマージュのようなストーリーとなっており、『犬夜叉』ファンの注目を集めました。そして、とわのある発言に視聴者の意見が真っ二つ……!?

『犬夜叉』のあのエピソードと同じ?「父の背中を追ってるみたい」

寿庵の寺には古い言い伝えがあり、百年ほど前に霊力に優れた僧が妖怪を封じ、寺の床下に骸を埋めたといいます。そして、寿庵は化け猫に取り憑かれているのでした。この話の流れに、見覚えがあると多くの視聴者が反応。

それもそのはず、前作『犬夜叉』にも、同じく床下に妖怪の骸が納められているという言い伝えのある寺で、化け猫に取り憑かれた尼僧を救うというエピソードが登場しているのです!
26 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは