『半妖の夜叉姫』第6話、前作『犬夜叉』オマージュがエモい…!とわの衝撃発言には意見が真っ二つ

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第6話、前作『犬夜叉』オマージュがエモい…!とわの衝撃発言には意見が真っ二つ
『半妖の夜叉姫』第6話を振り返り! 『犬夜叉』にも登場したエピソードのオマージュ感あるストーリーが話題をさらいました。また、とわのある発言に視聴者の意見は…。ほか感想やポイントは?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。11月7日に放送された第6話「古寺の猫寿庵」では、旅人行方不明事件の犯人とみられる化け猫たちを追って古寺に辿り着いたとわたち。そこで、芽衣が大好きだという現代のアイドル・ジュリアンくんに瓜二つの僧・寿庵に出会います。

今回は『犬夜叉』エピソードのオマージュのようなストーリーとなっており、『犬夜叉』ファンの注目を集めました。そして、とわのある発言に視聴者の意見が真っ二つ……!?

『犬夜叉』のあのエピソードと同じ?「父の背中を追ってるみたい」

寿庵の寺には古い言い伝えがあり、百年ほど前に霊力に優れた僧が妖怪を封じ、寺の床下に骸を埋めたといいます。そして、寿庵は化け猫に取り憑かれているのでした。この話の流れに、見覚えがあると多くの視聴者が反応。

それもそのはず、前作『犬夜叉』にも、同じく床下に妖怪の骸が納められているという言い伝えのある寺で、化け猫に取り憑かれた尼僧を救うというエピソードが登場しているのです!
このオマージュに「化け猫とかセリフとか、色々『犬夜叉』とかぶってる!」「知らず知らずのうちに父の背中を追ってるみたいで、なんかいいな」「過去に犬夜叉たちも倒してた妖怪を倒してるのエモい」と、犬夜叉たちと似た道をたどってゆく夜叉姫たちの姿が感慨深いという感想で盛り上がりました。
百足上臈にそっくりの三つ目上臈から始まり、珊瑚を苦戦させた骨喰い妖怪を彷彿とさせた若骨丸、続いて今回の化け猫妖怪と犬夜叉』を思い出す妖怪たちが続々と姿を現している今作。この先も、懐かしさを感じる妖怪やエピソードの登場が期待できそうです。

とわの発言に衝撃……!現代か、戦国か

戦いのさなか、取り憑かれた寿庵を殺さず化け猫を倒そうとするとわに、せつなは「殺さなければ殺される」「ここは命がけの時代だぞ」ととわの甘さを叱咤し、現代への未練を断ち切って、潔く寿庵を斬るように言います。対してとわは、せつなも体験した平和で穏やかな現代への未練は「断ち切れない」と言い切り、「人の命は奪わない」と宣言しました。

そんな姉妹のやり取りの中で、とわが「せつなの夢を取り戻したらあの時代に戻る」と発言し、視聴者の間では波紋が広がっています。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません