“神様”の対比が見事…『進撃の巨人』4期第68話、サシャの回想に涙が止まらない。オニャンコポンの言葉も深かった

掲載/更新 0
“神様”の対比が見事…『進撃の巨人』4期第68話、サシャの回想に涙が止まらない。オニャンコポンの言葉も深かった
『進撃の巨人 The Final Season』第68話「義勇兵」では、サシャとニコロの関係性や、墓に刻まれた文字に注目が集まりました。エレンの距離感とオニャンコポンの名言も話題に。みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第68話「義勇兵」では、アルミンが3年前の出来事を振り返りました。マーレ兵との関係性が明らかになっていく中、注目を集めたのはサシャとニコ。サシャらしさが感じられる、お墓に刻まれた字の内容とは……?
また、離れていくエレンの心や、オニャンコポンの名言も話題となりました。

サシャとニコロの関係や墓石の文字に涙

アルミンの語りから始まった3年前の回想。上陸作戦でパラディ島に訪れたマーレ兵士たちが、調査兵団と手を結ぶまでの過程が明かされました。

マーレから寝返ったのは、義勇兵のイェレナとオニャンコポンたち。元マーレ軍兵士で捕虜のニコロは、イェレナの指示でマーレ料理を振る舞うことになります。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません