皮肉な伏線に驚愕…『進撃の巨人』4期第70話、サシャを巡る2人の対面に騒然「まさかあの時の」「諫山先生は天才か?」

皮肉な伏線に驚愕…『進撃の巨人』4期第70話、サシャを巡る2人の対面に騒然「まさかあの時の」「諫山先生は天才か?」
『進撃の巨人 The Final Season』第70話「偽り者」では、かつてサシャに助けられた少女・カヤがガビと対面。「伏線にビビった」と視聴者を驚かせたシーンが続出しました。みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第70話「偽り者」では、かつてサシャに助けられた少女・カヤがガビたちを助ける展開に。
伏線にビビった」、「なんて皮肉」と視聴者を驚かせるシーンが続出しました。

脱獄したガビとファルコがたどり着いたのは……

見張りを欺いて脱獄したガビとファルコ。行き場のない2人を助けたのはサシャの家族たちでした。

何も知らずに優しく接するサシャの父親に「娘を殺した少女が目の前にいるなんて皮肉な巡りあわせ」と、胸が苦しくなる展開。
出会い頭に相手を殺そうとするガビを止めるファルコを見て「ガビとファルコはエレンとミカサの面影がある」との感想も見られました。
20 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは