『ひぐらし』第7話の感想と考察 オヤシロ様の割れた頭部の謎…世界が"反転"してる可能性が?梨花の表情にもゾクッ

掲載/更新 0
『ひぐらし』第7話の感想と考察 オヤシロ様の割れた頭部の謎…世界が"反転"してる可能性が?梨花の表情にもゾクッ
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第7話(綿騙し編 其の参)を振り返り! 今回は本性をあらわにした梨花ちゃんと、旧作と違うオヤシロさまに注目が集まりました。みんなの感想や考察は?
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村を舞台に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれました。

そして2020年秋、完全新作として再アニメ化。11月12日(木)に放送された第7話「綿騙し編 其の参」の、みんなの感想や考察、ポイントは?

祭具殿侵入で旧作と違うところは?今作は“反転”がテーマか

立ち入り禁止である祭具殿に入った圭一、詩音、鷹野。
鷹野は、雛見沢村に現れたという恐ろしい人喰い鬼とオヤシロさまの話をします。
人喰い鬼の血は村人に受け継がれていることや、"綿流し"の祭りは生贄を食べるための宴であったこと。
圭一は恐怖のあまりレナの名台詞「嘘だッ‼」を叫び──。
ここで注目されたのは、オヤシロさまの向きが旧作と左右反転している点。
今作では、昼&夜、制服&私服など旧作と逆になっているような場面が多いことから、「旧作を反転した世界なのでは?」という見方もされているようです。
また、旧作と違いオヤシロさまの腕が壊れておらず(あるいは修復された)、代わりに頭部がまっぷたつに割れていたことが判明。

何かの暗示なのか、旧作と同じ人物がやったのか、事故でなく意図的に割ったのか……現時点では謎だらけです。
さらに視聴者を驚かせたのは、鷹野と富竹が住民たちの前で車を盗み逃亡したこと。

今回はふたりの男女の仲を思わせる描写が多く、何か危険を感じたから慌てて一緒に逃げたのではと語られましたが……その割には切羽詰まった感じが見られなかったふたり。あえて警察に通報させるべくみんなの注目を集めた可能性も? ふたりの行動が今後どう影響してくるのか、注目です。

⇒次ページ:梨花があらわにした本性に驚愕「ぞくっとした…」

梨花があらわにした本性に驚愕「ぞくっとした…」

もっとも話題を呼んだのは、いつもかわいい梨花ちゃんの変貌っぷりでしょう。

祭具殿に入った日に村長が行方不明になったと知り、“鬼隠し”にあうなら自分たちのはずなのに…と困惑する圭一。
学校で梨花ちゃんに「昨日何か悪いことをしましたか?」とやさしく聞かれ、思わず「猫さんが絶対に入っちゃいけない場所に忍び込んだ」と猫の話として打ち明けます。

「ふふふ…」と不気味な笑みを浮かべる梨花ちゃん。
次の瞬間、かっと目を見開いて──!?
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません