『ひぐらし』第8話の感想と考察 沙都子は何を知っている?ループ説が濃厚に。梨花を手にかけたのは魅音か、それとも…

掲載/更新 0
『ひぐらし』第8話の感想と考察 沙都子は何を知っている?ループ説が濃厚に。梨花を手にかけたのは魅音か、それとも…
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第8話(綿騙し編 其の四)を振り返り! 謎だらけの「綿騙し編」クライマックスに、ネットでは多くの考察が飛び交いました。みんなの感想や考察とは?あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村を舞台に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれました。そして2020年秋、完全新作として再アニメ化。
11月19日(木)に放送された第8話「綿騙し編 其の四」は園崎魅音&詩音がキーとなる「綿騙し編」のクライマックス。前回本性をあらわにして視聴者をぞっとさせた梨花が行方不明になりました。
そして、魅音は園崎家当主として“オヤシロさまの祟りを実行しようとする何者か”と戦う決意をします。

過去一番と言えるくらい謎だらけの結末を迎えた「綿騙し編 其の四」について、ネットでは多数の考察が。特に注目すべきポイントをあらすじや感想とともに振り返っていきましょう。

沙都子のループ説が濃厚に。魅音が梨花を手にかけた?

19 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません