『半妖の夜叉姫』第28話の謎。歴史が変わったのか?希林理の発言に考察が深まる…

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第28話の謎。歴史が変わったのか?希林理の発言に考察が深まる…
『半妖の夜叉姫』第28話も、謎や疑問点への予想、考察が盛り上がりました。以前噴出した“時空の歪み”説。それが今再び濃厚なものになっているようです。四魂の玉も骨喰いの井戸もない…歴史が変わってしまったのか? あのシーンに注目して謎を探ります。
IMAGE
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。第28話「産霊山の結界」では、新キャラクター、りおんが登場しました。そして、もろはが両親の犬夜叉かごめと再会……!

りおんや希林理の登場、現代での不可解な現象からますます謎が深まった第28話。現代では歴史が変わってしまっている可能性が? 注目すべきポイントをご紹介します。

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章キービジュアル

りおんは半妖?出生は?麒麟丸の分身説も…

麒麟丸から溺愛にされていたにもかかわらず、麒麟丸が倒れるのを望んでいるりおん。
600年で生じた親子関係のギャップが気になるところですが、その可愛さは多くの視聴者を魅了しました。

以前殺生丸の娘、とわせつなの母が誰かと波紋を呼んだように、麒麟丸の娘であるりおんの母についてもネット上で議論されています。
犬夜叉を思わせる動物の耳がついた容姿からは、りおんが半妖ではないかという意見も多く挙がっており、ますます母が誰なのか気になるところ。

産霊山の結界の中にいることも踏まえ、ネット上ではりおんの母は人間でかつ霊力の強い人物だと予想する声が確認できます。一説には、麒麟丸と産霊山の精霊の間に生まれた子だという噂も。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません