『ヒプアニ』第10話の感想は?幻太郎のサービスカットに動揺!?「誤解されちゃう」「昇天した…」"独歩くん"に速水奨も賞賛

掲載/更新 0
『ヒプアニ』第10話の感想は?幻太郎のサービスカットに動揺!?「誤解されちゃう」「昇天した…」"独歩くん"に速水奨も賞賛
ヒプノシスマイク(略称:ヒプマイ)のアニメ化作品「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima」(ヒプアニ)第10話「Today is a good day to die.」を振り返り! みなさんの感想をあらすじと共に紹介していきます。
絶賛放送中のアニメ「ヒプアニ」こと『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima(ヒプマイ)。
12月4日に放送された第10話「Today is a good day to die.」では、シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」と、シンジュク・ディビジョン「麻天狼」のラップバトルが開催されました!

追い詰められた乱数をポッセが救う!? 「独歩さん」でトレンド入りを果たした衝撃のラップとは!?
物語の核心に迫る、怒涛のシンジュク vs シブヤ 回となりました。
TVアニメ『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rhyme Anima 第10話予告

「真正ヒプノシスマイク」登場……黒乱数につきつけられた使命とは?

第10話はシンジュク vs シブヤの準決勝。
バトル前の控室にて、メンバーたちはそれぞれの時間を過ごし方をしていました。

緊張で青ざめる独歩をホストモードの一二三が励ましたり、帝総がひとりサイコロを振るい、幻太郎はのんびり読書をしていたり。

そして同時刻、乱数は勘解由小路無花果らと密会をしていました。
乱数の口から「The Dirty Dawgのメンバーが決裂したのは自分の仕業」「一郎、様刻、寂雷らがもう一度結託しないよう監視していた」という事実が語られます。

アニメでも端々で匂わされていたため、視聴者のSNSは「やはりか……」という空気に。
息をつく間もなく「真正ヒプノシスマイク」が登場し、乱数の声色が変わると、視聴者は更にざわつきます。
SNSは「真正マイクを使ったら死ぬってことか」「黒乱数様降臨」「焦りのある表情いいね……でも先を知ってるからただただ辛い」などのつぶやきで溢れました。

⇒次ページ:幻太郎のサービスショット!? 勝敗を握ったのは「独歩さん」

幻太郎のサービスショット!? 勝敗を握ったのは「独歩さん」

2チームのバトルは、今回も新曲。
「D.R.B Rhyme Anima -2nd Battle- Fling Posse VS 麻天狼」と共に、いつにも増してファンタジックなラップエフェクトが現れます。

一二三のラップで、黄色い薔薇と棘に絡め取られてしまう幻太郎。
何故か少女マンガ級のキラキラエフェクトが輝き、苦悶の表情もどこかセクシーな雰囲気が……。
この衝撃カットは公式Twitterの告知にも使われており、SNSには「確信犯すぎる」「アニメの内容誤解されちゃう」「昇天した……」などの動揺&歓喜コメントが溢れました。
山田二郎役の石谷春貴さんも、リアルタイムで実況しながら、一言「サービスカット」とツイートしていたほど。
シブヤ優勢で進んでいたバトルですが、勝敗を分けたのはステージ隅で膝を抱えていた独歩のラップでした。
スイッチが入り、怒涛のラップを繰り出す独歩。凄まじい社畜リリックを「独歩さん舐めんなもう!」という衝撃のフレーズでまとめ、シンジュクを勝利に導きました。

Twitterでは、寂雷役の速水奨さん「独歩くん!!」と賞賛投稿!

その後数時間に渡り「独歩さん」でトレンド入りし続け、SNSには「1話では血尿を心配されていたのに」「最初は弱々なリリックだったのに、ブチ切れてからキレキレになるなんて」「ギャップ萌えがすごい」「独歩推しを仕留めにかかってる」「惚れ直した……好き……」など熱いコメントが大量に見られることとなりました。

⇒次ページ:ポッセの絆が乱数を救う! 「幻太郎の兄」「帝統の出自」を考察する人も……

ポッセの絆が乱数を救う! 「幻太郎の兄」「帝統の出自」を考察する人も……

21 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません