『半妖の夜叉姫』第7話の謎。理玖は現代から来た?麒麟丸との親子説が濃厚に。黒幕はいったい…

『半妖の夜叉姫』第7話の謎。理玖は現代から来た?麒麟丸との親子説が濃厚に。黒幕はいったい…
『半妖の夜叉姫』第7話の謎も考察で盛り上がりました! 理玖が初登場となりましたが、放送前より囁かれていた麒麟丸と理玖の親子説がより確証のある考察として盛り上がりを見せています。果たしてその理由とは……?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。11月14日に放送された第7話「林檎の出会い」では、とわ夢の胡蝶を探し道に迷っていると、海賊の理玖に出会います。理玖が置いていった本物の菊十文字を手にしたとわは泥棒と間違われ、捕らえられてしまいます。

理玖が初登場となりましたが、麒麟丸との親子説がより濃厚なものとなり、話題となっています。二人が親子であることを裏付ける理由とは……!?

麒麟丸と理玖は親子?さらに関係を裏付ける2つのポイント

その容姿虹色真珠を持っていること、麒麟丸と同一人物説のある希林理と同じ「理」の字が入っているという三つのポイントから、麒麟丸と親子なのではないかと囁かれている理玖ですが、第7話の放送によって二人の親子説がさらに濃厚なものとなりました。
23 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは