『半妖の夜叉姫』第7話の謎。理玖は現代から来た?麒麟丸との親子説が濃厚に。黒幕はいったい…

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第7話の謎。理玖は現代から来た?麒麟丸との親子説が濃厚に。黒幕はいったい…
『半妖の夜叉姫』第7話の謎も考察で盛り上がりました! 理玖が初登場となりましたが、放送前より囁かれていた麒麟丸と理玖の親子説がより確証のある考察として盛り上がりを見せています。果たしてその理由とは……?
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。11月14日に放送された第7話「林檎の出会い」では、とわ夢の胡蝶を探し道に迷っていると、海賊の理玖に出会います。理玖が置いていった本物の菊十文字を手にしたとわは泥棒と間違われ、捕らえられてしまいます。

理玖が初登場となりましたが、麒麟丸との親子説がより濃厚なものとなり、話題となっています。二人が親子であることを裏付ける理由とは……!?

麒麟丸と理玖は親子?さらに関係を裏付ける2つのポイント

その容姿虹色真珠を持っていること、麒麟丸と同一人物説のある希林理と同じ「理」の字が入っているという三つのポイントから、麒麟丸と親子なのではないかと囁かれている理玖ですが、第7話の放送によって二人の親子説がさらに濃厚なものとなりました。
まず第一に鍵となるのは、麒麟丸と理玖が同じく口にしていた果実。

ぶどうを口にした麒麟丸は「わしの口には合わぬ」、理玖は「まじぃな」と、互いに美味しくなかった旨を口にしています。

この描写に、苦手な味が同じなのは親子だからではないかとの意見が挙がっています。反対に、「ここまでわかりやすいのはミスリードの可能性もあるのでは?」という人も。
そして第二に、理玖が海外の言葉を知る素振りを見せたこと。

とわから、品種改良の進んだ現代の林檎をもらった理玖は“禁断の果実”を意味する「Forbidden fruit」と英単語を使い、「これは楽園から追放される味ですよ」とキリスト教に伝わる神話になぞらえて林檎の美味しさを表現しました。

この特徴的な喋りが、イギリスのことわざに喩えて話をする希林先生と似ていることから、やはり麒麟丸と理玖は深い繋がりがあるのではと疑いが深くなっているのです。

また、戦国の世を生きる理玖が海外のことに詳しいのは、とわと同じく現代から来たのでは? という声も挙がっています。

理玖は海賊だということなので、世界を旅して他の国のことを知った可能性が高いですが、希林先生と似ている点があることも踏まえると、現代から来ている、もしくは現代と戦国を行き来しているという可能性も少なからずありそうです。

麒麟丸=希林先生で確定!?声に注目!

これまで説明の中でしか語られてこなかった麒麟丸の姿も初出しとなった今回、注目が集まったのはその声。

現代のとわのクラス担任・希林先生の声優が細谷佳正さんであることが話題となりましたが、麒麟丸の声優も同じく細谷さんが担当されていることが判明しました。

これには多くの反応が集まり、「やっぱ麒麟丸=希林先生なの!?」「声が同じってもうそういうことでは……?」「麒麟丸と希林理は同一人物なのか、それとも寿庵ジュリアンみたいに先祖と子孫なのか?」と解けそうで解けない謎に考察が盛り上がりました。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません