『トクサツガガガ』第7話最終回に全オタクが拍手喝采!「好きな気持ちはずっと変わらない」

掲載/更新 0
『トクサツガガガ』第7話最終回に全オタクが拍手喝采!「好きな気持ちはずっと変わらない」
特撮オタクの女子を描くドラマ『トクサツガガガ』、ついに最終回を迎えました! 隠れオタの楽しさや葛藤をみごとに表現し続けてくれた『ガガガ』最終回を名セリフとともに振り返ります。
オタ仲間・吉田さんとのすれ違い、お母ちゃんとの大ゲンカなど、叶のオタク生活に暗雲が立ち込めた第6話。

それでも、やっぱり叶を支えてくれたのは、オタク仲間たちと愛する特撮でした。すべてのオタクの心に響き続けたドラマ『トクサツガガガ』、最終話を名ゼリフとともにふり返ります!

「怪獣と人だって、理解しあえるなら戦ったりしない」

叶(小芝風花さん)は、お母ちゃん(松下由樹さん)と大ゲンカしたことを会社の中庭で北代さん(木南晴夏さん)に打ち明けていました。

「怪獣と人だって、それができたら(理解しあえるなら)戦ったりしない」
巨大怪獣化するお母ちゃんを想像しながら、そんなふうに心でつぶやく叶。こんなときにも特撮で物事をたとえて落ち込むあたりはさすがですが、実際かなり落ち込んでいる様子……。

さらには吉田さん(倉科カナさん)が彼氏の存在を黙っていたことについて、自分たちの関係は「友だちってほどでもなかったのかな」と、モヤモヤしてしまいます。

おかげで仕事も上の空、普段なら特撮魂で優しくするはずの困っているお年寄りまで見て見ぬふりをしてしまうほど、いつもの叶らしくない日々を送っているのでした。

「(私の)彼氏…特撮の俳優に似てません?」

北代さんから呼び出された叶は、その席に吉田さんがいることに驚きます。最近メールに返信もしておらず、めちゃくちゃ気まずい叶ですが……「彼氏のこと、言っておきたくて」と真剣な表情で吉田さんが切り出しました。

「(私の)彼氏……ジュウショウワンの次のシリーズのユニコーン役の俳優に似てません?」

想像の斜め上を行く吉田さんの「言いたいこと」に面食らいつつも、最近吉田さんが忙しいのは「彼氏のカムフラージュかと思っていた」と正直に伝える叶。
吉田さんがあの日逃げたのは子どもが苦手だったから、最近忙しくて会えなかったのは写真の学校に行っていたから……と伝えられます。

己の勘違いに拍子抜けする叶に「あのときも本当は彼氏に“友だち”を紹介したかった」と言う吉田さん。
そして叶と北代さんを最高の笑顔で見つめながら、吉田さんはこう言うのです。

「彼氏っていうより、友だちっていうほうが恥ずかしいですね!」

大人になってからオタクがきっかけで芽生えた友情の大切さや気恥ずかしさ、嬉しさが凝縮されていて、なんだかこっちまで照れてしまうやりとり。いいなあ、こういう友だちに出会えるって素晴らしい。

そして叶に会わせる代わりに、ちゃっかりチケットを取るのを手伝う約束を吉田さんに取りつけていた北代さん。今日もあなたは最高です!

「好きって、そんななくなっちゃうもんかな?」

兄ちゃん(渡部豪太さん)に手渡された『エマージェイソン』の最終回のVHSビデオテープ。それは、叶が高校3年のときに、店じまいをするレンタルビデオショップの店先でみつけたものでした。

安売りワゴンでそれを手にした叶は、年老いた店長に声をかけられます。叶が「小さい頃に好きだっただけで、今は高3だし観ていない」と話すと、その店長は素朴な疑問を投げかけました。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません