『ヒプマイ』どついたれ本舗・白膠木簓役 岩崎諒太インタビュー!“大阪愛”にあふれた楽曲にも注目!

――ご自身も大阪ご出身ですが、演じるキャラクターの簓には共感できる部分もあったのでしょうか?

岩崎 いやー、お笑い芸人はいいですね。大阪府民としては、一度は「お笑い芸人になろうかな!」みたいなのが脳裏をよぎる感じ、ありますよね!
簓は頭の回転も早く、零の怪しさにも気付いているので、あえて騙されてみよう、いわば「ちょっとシッポ掴んだろかい!」みたいな策士の部分もあるので、濃いキャラクターですよね。
ほかのディビジョンとのバトルでも、そういう濃さが効いてくるんじゃないかと思います。


――ドラマCDの収録は如何でしたか?

岩崎 ドラマCDもあまり参加したことがなくて、まず簓を自分の中に落とし込むのが難しかったですね。声優としては本来そういう仕事なんですが、関西弁もあり、テンションもキーも高くて。

この3人がなんで組んだのかがドラマCDで明かされていくんですけど、簓の頭のキレるキャラクター像が出ています。盧笙とはもともとお笑いコンビを組んでいたこともあって繋がっていたんですけど、零とのファーストコンタクトですよね。
だいぶめちゃくちゃな展開が入って、トリオ結成の流れが独特で。「このメンバーでやっていけるのか!?」みたいな。
零は過去にも何度かドラマCDに出演していますけど、そんな人とチームを組むとは思っていなかったです


――零も謎の多い人物ですね。

岩崎 この人こそ、まさに過去何があったんだという感じですよね……何枚の顔を持っているのか。そもそも詐欺師も本当なのかという感じですし、このオオサカ・ディビジョンで最後までやっていけるのかと、自分自身も気になっています。

ヒプマイ|どついたれ本舗・白膠木簓役岩崎諒太インタビュー!画像4

▲「どついたれ本舗」の3人。左より、躑躅森盧笙(CV:河西健吾さん)、白膠木 簓(CV:岩崎諒太さん)、天谷奴 零(CV:黒田崇矢さん)。盧笙は教師ですが、簓とお笑いコンビを組んでいた過去があります。零の職業は詐欺師。一筋縄ではいかない印象ですが、自分の約束は守るという矛盾した義理堅さを持つようです。

――同じチームとなった天谷奴零役 黒田崇矢さん、躑躅森盧笙役 河西健吾さんの印象はいかがでしたか?

岩崎 黒田さんはそのままですね、もう零だなって。最初はめっちゃ怖かったです(笑)。でもご本人は気さくで面倒見のいい優しい方なので、そこは信頼がおけますよね。そんな黒田さんのキャラクターを従える立場はプレッシャーですが、本当にいいお父さんのような方です(笑)。

河西さんも大阪ご出身で、関西弁も完璧ですよ。大先輩でお優しい方なんですけど、可愛い部分もあるんですよね。とくに足が小さくて可愛いんですよ。黒田さんも「足、可愛いね~」ってめっちゃいじるくらい(笑)。
お芝居はしっかり構えてらっしゃるので、本当に自分がリーダーで申し訳ないくらいなんですが……ここからオオサカ・ディビジョンとして3人で頑張っていきたいと思います。


――異色のメンバーがそろっていますね。そんなチームのリーダーを演じられるうえで、チームに対する意気込みをお聞かせください。

岩崎 4th LIVE@オオサカでキャラクターとディビジョン名の「どついたれ本舗」が発表されただけで、ファンの皆さんの想像がすごく膨らんでいっているので、その想像を超えていきたいですね。
異色のメンバーなので笑いに振り切ってもええのかなという気もしますけど、ラップになったらバチっとシメて「めっちゃかっこええ!!」みたいなギャップで沸かせていきたいな、という気持ちもあります。

ファンの熱を間近で感じたステージ

28 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは