『ダイの大冒険』第13話、ヒュンケル役・梶裕貴も「幸せでした」と感謝の言葉。ラストシーンが泣ける…

『ダイの大冒険』第13話、ヒュンケル役・梶裕貴も「幸せでした」と感謝の言葉。ラストシーンが泣ける…
『ダイの大冒険』第13話「決着の瞬間(とき) を振り返り! ヒュンケルの父・バルトスの真実や超絶作画のヒュンケル戦などで沸いた今回。ほか見どころや感想をご紹介します。
前回、ダイとポップ、2人で編み出したライデインは見事ヒュンケルに命中! 喜ぶポップですが、強靭な肉体を持つヒュンケルには通用していませんでした。ポップは殴り飛ばされ、ダイは体の自由を奪われてヒュンケルの必殺技を食らい、意識を失ってしまいます。……戦いの行方は!?

ヒュンケルの父・バルトスの真実や超絶作画のヒュンケル戦などで沸いた『ダイの大冒険』第13話「決着の瞬間(とき)」SNSの盛り上がりとともに振り返ります!

バルトスとアバンのやりとりに感動

ヒュンケルの反撃を受け、立ち上がれないポップと昏倒するダイ。いよいよヒュンケルがとどめを刺そうとしたとき、それを止めたのは、ゴメちゃんとともに地下牢を脱出したマァムでした。

マァムはヒュンケルに、死にゆく者の魂の声を封じ込める「魂の貝殻」を差し出します。そこに残されていたのは、ヒュンケルの父・バルトスが語る「バルトスの最期」の真実……。

バルトスの首にかけられた星の飾りを見て、家族がいることを察したアバン。バルトスにとどめを刺さなかったどころか、「本当の人間のぬくもりを与えてほしい」とアバンにヒュンケルを頼んだのは、ほかでもないバルトスだったのです。
28 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは