『ひぐらし』第9話の感想と考察。詩音は悟史との約束を覚えている?"ねーねー"モードは一体…。鉄平の"薬"も謎を呼ぶ

  『ひぐらし』第9話の感想と考察。詩音は悟史との約束を覚えている?"ねーねー"モードは一体…。鉄平の"薬"も謎を呼ぶ
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第9話(祟騙し編 其の壱)を振り返り! 今回は、沙都子を悲劇が襲った旧作「祟殺し編」と繋がる「祟騙し編」が幕を開けました。みんなの感想や考察は?あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村を舞台に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれました。そして2020年秋、完全新作として再アニメ化。
11月26日(木)に放送された第9話は、旧作で沙都子を悲劇が襲った「祟殺し編」にあたる「祟騙し編」の其の壱が幕を開けました。
意味深に映った鉄平の薬や、“ねーねー”を名乗る詩音など、今回も旧作と異なる点についてファンの間ではさまざまな考察が。あらすじを交えてご紹介します。

沙都子の叔父・鉄平の薬が意味深

まず注目されたのは、「祟殺し編」で沙都子をいじめていた叔父の鉄平の登場シーン。意味深に、何かの薬の袋が映っていたのです。
旧作ではなかった描写にネットでは、今作の鉄平は何か持病がある?雛見沢の“あの風土病”に関わる薬?などの考察が。一方で、風土病の治療は注射だったことから、また別の持病ではないかという意見もみられました。

そのほか、鉄平の部屋が臭いと苦情があったのは「まだ登場していない、恋人の死体を隠しているのでは」という考察が。一方、以前から囁かれている“「業」は反転している世界”という説から「鉄平が善人の可能性がある?」と期待する人も。
EDには沙都子が鉄平に怯えているシーンがあるように見えますが、果たして……?

⇒次ページ:入江診療所はこの世界でも閉鎖中?“ねーねー”を名乗る詩音も。
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは