『おそ松さん』3期 第11話、カラ松の本音が怖い…けど、そこがいい!?カラ松ガールズを驚愕させたシーンとは…

掲載/更新 1
『おそ松さん』3期 第11話、カラ松の本音が怖い…けど、そこがいい!?カラ松ガールズを驚愕させたシーンとは…
『おそ松さん』3期第11話は「やれよ」、「ピザ」を放送。視聴者が「怖い」と思ったカラ松の本音とは? みんなの感想やポイントを振り返ります。
『おそ松さん』3期第11話は「やれよ」、「ピザ」を放送。カラ松の意外な本音に「怖い」、「カラ松ガールを殺しに来た」などのコメントが続出しました。視聴者のツッコミがおそ松たちとシンクロする瞬間もあったとか……?

「やれよ!」とシンクロするツッコミ

Aパートの「やれよ」では、AI双子のオムスビが「シェー」を習得するためにおそ松とカラ松に質問します。
第9話でもシェーを覚えるためにイヤミに弟子入りしていましたが、完全には理解できていなかったオムスビ。「まだ使いどころがわからなかったのか」と視聴者もびっくりです。
わかりやすく教えてあげようとするカラ松ですが、オムスビには理解できません。おそ松はそっけない態度をとっていたものの、突然道路で裸になってまでシェーのタイミングを教えようとします。
「長兄たちがやさしい」、「シェーをなんとか覚えようとするAIたちが健気」とほっこりする視聴者。
しかしことごとくシェーのタイミングを逃すオムスビに「やれよ!」とツッコまずにはいられません。作中のおそ松、カラ松のツッコミと完全に一致する瞬間が味わえるエピソードでした。

カラ松の意外な本音が「怖い」

Bパートでは「もしピザを頼むならどれにするか」と不毛な会話をくり広げる6つ子たち。「わちゃわちゃしていて楽しい」と見守る視聴者ですが、6つ子たちの会話はだんだんとお互いの悪口になっていきます。
25 件

この記事のタグ

Comment

2021-01-06

カラ松はまあ言ってることは間違ってないし。それに不満に思っていてもにこやかに接して無難にやり過ごそうとしてたんだから、なんだかんだで一番大人じゃん。