ドラマ『チェリまほ』第10話、2人のイチャラブ遊園地デートが尊い…!安達の成長にも「幸せ過ぎて涙出た」「惚れ直しあってる~」

ドラマ『チェリまほ』第10話、2人のイチャラブ遊園地デートが尊い…!安達の成長にも「幸せ過ぎて涙出た」「惚れ直しあってる~」
話題沸騰のドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)第10話を振り返り! 深まっていく恋の行方に注目が集まった今回、ポイントやみんなの感想は?
10月8日からスタートしたテレビ東京系の木ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(通称:チェリまほ)。

童貞のまま30歳を迎えた安達清(赤楚衛二)“触れた人の心が読める魔法”を手に入れます。
イケメンで仕事もデキる人気者の同期・黒沢優一(町田啓太)が自分に恋心を抱いていることを知った安達が戸惑うところから物語は始まりましたが、物語は始まりましたが、純度100%な二人の恋はますます甘く深まるばかり!

注目の第10話は恋人として絆を深める二人の様子や、遊園地でデートの練習をするなど、糖度が増していく恋に身悶えする回となりました。

デートの練習!イチャラブ遊園地♡

黒沢(町田啓太)の後押しを受け企画コンペへの参加を決心した安達(赤楚衛二)。ところが、なかなか良い案が浮かばず苦悩。

その上、柘植将人(浅香航大)からは盛大なノロケ話とともに“脱・魔法使い”したと報告され、コンペに集中するため初デートもお預けになっている黒沢からの『お預けされたぶんご褒美期待しちゃおうかなぁ♡』の言葉に悶々としたりと、気もそぞろ!

SNS上では「柘植が初孫自慢のおじいちゃん化してる」「黒沢の言葉に安達が翻弄されてて可愛い!」「脱・魔法使いのアドバイスに前のめりな安達」など様々なコメントが飛び交いました。
25 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは