アニメ『ONE PIECE』第960話、光月スキヤキ=飛徹で確定か?“おでん節”にもシビれる…。まさかのサービスショットも!?

 アニメ『ONE PIECE』第960話、光月スキヤキ=飛徹で確定か?“おでん節”にもシビれる…。まさかのサービスショットも!?
アニメ『ONE PIECE』第960話を振り返り! 光月おでんの豪快な半生に心を打たれたと、多くの感想が挙がりました。そして、光月スキヤキと天狗山飛徹の同一人物説が確定!? その理由とは?
尾田栄一郎先生原作のTVアニメ『ONE PIECE』(ワンピース)。1月31日に放送された第960話は「ワノ国一の侍!光月おでん登場」

光月おでんの半生を描く過去編へと突入したアニメ『ONE PIECE』。アニメオリジナルを加えた本編はもちろんのこと、CM前後のアイキャッチが一新されるなど終始楽しませてくれました。

おでんの生き様に感嘆の声が挙がる中、以前より囁かれていた光月スキヤキ天狗山飛徹の同一人物説が、この放送を持って決定的なものになったと視聴者が確信を強めました。果たしてその理由とは一体?

“おでん節”に「かっこよすぎる!」まさかのサービスショットも?

舞台は41年前のワノ国へと遡り、生前のおでんの豪快な生き様が描かれました。

特に、友人の遺体を燃やす炎で煮込んだおでんを食らう、おでん流の弔いには「“おでん節”最高すぎ!」「これが粋ってやつか……」「おでん様かっこよすぎる」「確かに非常識なんだけど、これはみんな惚れちゃう……!」など心を打たれたという感想が続々。町の人々のみならず、視聴者をも虜にしたおでんでした。
25 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは