『半妖の夜叉姫』第9話、もろはの本音が泣ける…「昔の犬夜叉みたい」「寂しかったんだね」懐かしの妖怪も登場!

掲載/更新 0
  『半妖の夜叉姫』第9話、もろはの本音が泣ける…「昔の犬夜叉みたい」「寂しかったんだね」懐かしの妖怪も登場!
『半妖の夜叉姫』第9話「冥王獣の冥福」を振り返り! もろはが初めて吐露したとわとせつなへの「仲間」としての想いが切ないと多くの人が涙しました。かつての犬夜叉とかぶる発言も……? また、とわ・せつな・もろは三人のやりとりがコントのようで可愛いと反響を呼んでいます!
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。11月28日に放送された第9話「冥王獣の冥福」では、とわせつなもろはが四凶の一人・混沌の退治へ向かいます。父・冥王獣の仇である混沌を倒したい冥福に出会い、助太刀することに。

今回は犬夜叉』でも登場した妖怪、冥王獣に関わるストーリーが展開されました。見どころは、もろはが初めて零した弱音。切ない言葉に多くの反響が。また、とわ・せつな・もろは三人の仲の良さがうかがえたことに歓喜の声も多く挙がりました。早速、みんなの感想をチェックしてみましょう。

もろはの本音に涙……「切ない」「寂しかったんだね」

獣兵衛から混沌退治の依頼を受けたもろはは、「仲間だから」ということでとわとせつなと共に出発しようとしますが、同行を断られてしまいます。

一人で混沌の退治に向かったもろはは「親戚付き合いで優しく付き合ってやってるのに」と怒り気味で愚痴をこぼしますが、声を震わせながら「ようやく仲間ができたかな~って思ってたのにさ」「アタシはずっとさ、一人だったからさ」と続けるのです。

もろはが初めて見せた弱音に「ずっと一人だったって言葉が重い。切ない……」「これは泣く」「いつも強がってるけど寂しかったんだね」「一人で生きてきたもろはにようやく仲間ができたって、昔の犬夜叉とかぶるなぁ」「余計に早く犬夜叉とかごめに会ってほしくなった、もろは幸せになって……」などの感想が集まりました。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません