『半妖の夜叉姫』第10話の謎。殺生丸と女禍、虹色真珠をめぐる関係は…とわ達は夢の中にいる?

『半妖の夜叉姫』第10話の謎。殺生丸と女禍、虹色真珠をめぐる関係は…とわ達は夢の中にいる?
『半妖の夜叉姫』第10話の謎も考察で盛り上がりました! 女禍の「殺生丸への復讐」とは何だったのか? 虹色真珠に関する因縁があるのではないかとの仮定がネットを盛り上げました。さらに、とわたちのいる世界について新たな考察も!
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。12月5日に放送された第10話「金と銀の虹色真珠」では、とわせつな虹色真珠が兄弟妖怪の金禍銀禍に奪われてしまいます。金禍と銀禍は、一族の頭領である女禍に虹色真珠を献上しようとしますが、女禍は虹色真珠ごと金禍と銀禍を取り込もうとします。兄弟の気持ちを汲んだとわとせつなは金禍と銀禍に協力し、女禍を退治することに。

金禍と銀禍の兄弟愛とせつなの活躍に注目が集まる一方で、今回もやはり謎が生まれました。禍一族と殺生丸、虹色真珠の関係とは? また、とわたちのいる世界について、新たなる考察も……!

禍一族と殺生丸、虹色真珠の関係の謎……「殺生丸への復讐」とは一体?

金と銀の虹色真珠をとわとせつなから奪った金禍と銀禍を虹色真珠ごと取り込もうとした女禍の目的は、「殺生丸への復讐」でした。しかし、女禍と殺生丸の間に何があったのかは明らかにされることなくせつなが女禍を倒し、なぜ復讐を目論んでいるのかは謎のままとなりました。
27 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは