『半妖の夜叉姫』第13話の謎。もろはは何故一人で生きてきた?弥勒夫婦との不可解な関係。謎の女性・玉乃とは…

『半妖の夜叉姫』第13話の謎。もろはは何故一人で生きてきた?弥勒夫婦との不可解な関係。謎の女性・玉乃とは…
『半妖の夜叉姫』第13話の謎も考察で盛り上がりました! 次回予告で登場した玉乃という女性に、理玖の母親説が浮上しています。果たしてその理由は? また、殺生丸と関わる女妖怪は何者? 弥勒夫婦ともろはの関係にも不可解な点が。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。12月26日に放送された第13話「戦国おいしい法師」では、神通力を得るため千日修行をする弥勒が四凶の一人・饕餮に狙われてしまいます。

次回予告に登場した玉乃という女性に、理玖の母親説が浮上していますが、その理由とは? また、殺生丸と関わりがあると見られる女妖怪の正体は? さらに、弥勒珊瑚夫婦の登場から、もろはに関する不可解な点が指摘されています。

玉乃は理玖の母? 二人の共通点に注目

次回予告では、玉乃という美しい女性の姿が。
ネットでは、彼女が理玖の母親なのではないかという説が浮上しているようです。その大きな理由は、身体的な特徴にあります。

一つは、髪型。センターで分かれた長い前髪と、肩上で揃えた横髪は玉乃と理玖に共通しており、とてもよく似ています。もう一つは目元。理玖は緑色の瞳をしていますが、玉乃もうっすらと緑がかった瞳を持っており、理玖にどこか似ていますよね。

加えて、玉乃が人間だと思われる点もこの説が推されるポイント。
理玖は半妖であり、父は妖怪の麒麟丸だという考察が有力です。その線で考えると母は人間の女性であるはずなので、玉乃が理玖の母ならば辻褄が合うことになります。予告内で理玖も登場しているため、さらにその可能性が高まっているのです。
22 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは