『おそ松さん』3期 第13話、声優の副音声が面白すぎた!神谷浩史ら「僕らは小野さんに嫌われた」に爆笑

掲載/更新 0
『おそ松さん』3期 第13話、声優の副音声が面白すぎた!神谷浩史ら「僕らは小野さんに嫌われた」に爆笑
『おそ松さん』3期第13話を振り返り! 6つ子キャストの副音声付きで、第1期、第2期をおさらいしました。声優陣の裏話が満載だった今回、みんなの感想やポイントは?
『おそ松さん』3期第13話は「あけおめ松さん」。前回めでたくニートAIとなったオムスビが、これまでの6つ子について勉強するために第1期、第2期(感動回を除く)を振り返ります。
いわゆる総集編ですが、オンエアでは6つ子キャストの副音声付き!「めっちゃ笑った」、「幸せ」と好評だったポイントは?

副音声のメンバー分けが「ぼんくらの時代」

タイミングが絶妙にフリーダムなお正月のあいさつで始まった副音声。Aパートではおそ松役・櫻井孝宏さん、カラ松役・中村悠一さん、十四松役・小野大輔さんが登場し、第1期のエピソードを振り返りました。

Bパートではチョロ松役・神谷浩史さん、一松役・福山潤さん、トド松役・入野自由さんの「ちゃんとしてる」組が登場し、第2期をおさらいします。
あいさつでは「せーの」でタイミングを合わせようとしており、「ちゃんとしてる!」とキャスト陣とキャラクターの性格がシンクロする場面も。
チーム分けの選考基準は、福山さんが小野さんに「誰とやりたいか、誰とやりたくないか」と聞いたときの回答。「僕らは小野さんに嫌われた」とBパートメンバーは冗談交じりに話していました。

偶然にも第3期第2話などで放送された「ぼんくらの時代」と同じチーム分けだったため、ファンからは高評価。「さすが小野D」、「ぼんくらの時代メンバーのトークがまた聞けて嬉しい」などの声が見られました。

アフレコ裏話や2期までの思い出は?

副音声序盤では台本に書かれた小野さんの役名が「一松」になっていたことが発覚。「まだ十四松が浸透してないんじゃない?」と即座に櫻井さんが切り返していました。

台本の罠は笑う」、「一松役の小野さんww」と早くも腹筋が持っていかれる視聴者。
あまりのおもしろさに「副音声と本編どっちを見ればいいのか迷う」、「副音声ありがとう」と、喜びのコメントも見られました。
「1期から見返したら新しい発見がありそう」、「アフレコはしたけど内容に意味がなさすぎて忘れてる」、「3期は人死にすぎ」、「スタッフはチョロ松を通して神谷さんをいじってる」など、映像を見ながらぶっちゃけまくる声優陣。
雑な感じが好き」、「ラジオを聞いているみたいで楽しい」、「お茶の間でしゃべってる感じがいい」などの感想が見られました。

第2期第10話「アフレコ松」を見ながら語った『おそ松さん』のアフレコ裏話も好評。
「第2期はとにかく大声を出した」と神谷さんが笑いの方向性を語ると、「映画のアフレコでは叫びすぎて声がおかしくなった」と入野さんも共感していました。
30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません