『半妖の夜叉姫』第12話の謎。弥勒と翡翠の不仲はなぜ?ある人物の死亡説も…あの手は殺生丸か、それとも?

 『半妖の夜叉姫』第12話の謎。弥勒と翡翠の不仲はなぜ?ある人物の死亡説も…あの手は殺生丸か、それとも?
『半妖の夜叉姫』第12話の謎も考察で盛り上がりました! 満を持して弥勒が登場することにSNSは喜びの声でいっぱいに。しかし、弥勒に関係の深いある人物の死亡説が浮上しています。殺生丸と思しき手の正体をめぐる考察も…。
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。12月19日に放送された第12話「朔の夜、黒髪のとわ」では、とわが月に一度、朔の夜に妖力を失い半妖から人間になることが明らかに。

今回も物議を醸したのは次回予告。満を持して登場の弥勒にネットが沸く一方で、親子の不仲や修行の理由について、ある人物の死亡説が……。そして、突如現れた“手”にも注目が集まっています。その持ち主は殺生丸か、それとも……?

弥勒の修行の理由が不穏? ある人物の死亡説が浮上

次回予告では弥勒がついに登場することが分かり、歓喜の声が多く挙がりました。弥勒のみならず、予告内には珊瑚玉兎の姿も。視聴者がずっと気にかけていた弥勒一家の安否確認ができたことにひと安心したという人も多いのではないでしょうか。

しかし弥勒は現在修行中の身であり、さらに息子の翡翠とは仲が良くないらしい……。弥勒は何のために修行を積んでいるのか、そしてなぜ翡翠と仲が悪いのでしょうか? カギとなるのは同じく予告内に登場した二つのシーン。
22 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは