『ひぐらし』第13話、衝撃の結末に大混乱!圭一を襲ったのは沙都子のトラップか?大石は一体…

掲載/更新 0
『ひぐらし』第13話、衝撃の結末に大混乱!圭一を襲ったのは沙都子のトラップか?大石は一体…
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第13話(祟騙し編 其の伍)を振り返り! 衝撃の結末を迎えファンが大混乱となった「祟騙し編」最終話。 みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村を舞台に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれました。そして2020年秋、完全新作として再アニメ化。

12月24日(木)に放送された第13話「祟騙し編 其の伍」は「祟騙し編」の最終話となりましたが、衝撃の結末にショックを受け混乱するファンが続出しました。

※一部誤りを修正いたしました(12月30日)

圭一が雛見沢症候群を発症?鉄平は幻覚なのか?

前回、圭一は園崎家当主・お魎の力を得ることに成功。お魎の呼びかけで児童相談所の前には、虐待されている沙都子を救おうと沢山の人が集結しました。
そしてついに、児童相談所と刑事の大石が沙都子を助けに家へ向かい──この流れはおおむね「皆殺し編」と同じだったことに視聴者は安堵。このままハッピーエンドに向かうのか?と思われました。

しかし、そこから「皆殺し編」には無い展開が。
沙都子は1人で圭一に電話をし、叔父の鉄平は大石が連行したから大丈夫だと報告。
ご機嫌でシャワーを浴びる様子からは、直前まで虐待されていた雰囲気は感じられず、しかも体に傷ひとつありません
そのことから、やはり鉄平の虐待は沙都子の嘘だったのか?と多くの人が推測。

大石は児童相談所と戦う圭一を「正しいことをしていると信じて疑いもしない」と言っていたことからも、沙都子の話は嘘であり、それを知っているのではないかと考える視聴者が多数いたようです。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません