再び始まる…!『進撃の巨人』4期第71話、エレンの進撃に胸が痛くなる…「新たな翼をまとったのか」「まるで宗教画」

掲載/更新 0
再び始まる…!『進撃の巨人』4期第71話、エレンの進撃に胸が痛くなる…「新たな翼をまとったのか」「まるで宗教画」
『進撃の巨人 The Final Season』第71話「導く者」では、エレンが調査兵団を離反。エルディア人を解放しようと進撃を始めます。そしてザックレー総統の身に迫る危機とは? みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』第71話「導く者」ではエレンが脱獄し、ミカサたちとは別の道を歩み始めました。「まるで宗教画」と話題になったシーンとは?
一方ザックレー総統のもとには怪しげな椅子が届けられて……。

ついに始まったエレンの進撃に注目が集まった今回、ほか注目ポイントは?
みんなの感想とともに振りかえりましょう。

エレンの進撃がかっこいい!けど…

調査兵団のもとから脱獄し、エルディア人復権を果たそうとするイエーガー派と合流したエレン。逆光の中、丘を一歩ずつ踏みしめて登っていくシーンは、神話のように荘厳に描かれました。

聖人のように丘を登るエレンがかっこいい」と絶賛する声がある一方で、「これもジークの計画通りなのか」、「平和で自由な未来を目指しているのはエレンもミカサも同じだと思うのに、疑念が深まって複雑な気持ち」と不安を感じた視聴者も。
23 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません