憎悪の連鎖がツラい…『進撃の巨人』4期72話、ガビの残酷な現実に「地獄の始まりか」「究極の描写だった」リヴァイの発言も泣ける

憎悪の連鎖がツラい…『進撃の巨人』4期72話、ガビの残酷な現実に「地獄の始まりか」「究極の描写だった」リヴァイの発言も泣ける
『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)第72話「森の子ら」では、ニコロとガビがついに対面。緊迫した命のやりとりが話題を呼びました。リヴァイの発言にも涙が? みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)第72話「森の子ら」ではブラウス家がニコロの招待でレストランに。サシャの仇であるガビが、ついにニコロと対面します。
「15分に込められる感情の量じゃない」と視聴者を驚かせたニコロの言動に注目が集まりました。

また、リヴァイ兵長の「モテたことくらいある」発言に視聴者が涙した理由とは?

リヴァイの「モテたことくらいある」が泣ける

冒頭はジークと会話するリヴァイのシーン。「お前モテねえだろ」とジークに言われたリヴァイは、少し間をおいてから「モテたことくらい……ある」と返します。

強がっているようにも見えますが、視聴者は「たしかにモテたことはある。……全員亡くなっているけど」とこれまでの展開を思い出した様子。
24 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは