憎悪の連鎖がツラい…『進撃の巨人』4期72話、ガビの残酷な現実に「地獄の始まりか」「究極の描写だった」リヴァイの発言も泣ける

掲載/更新 0
憎悪の連鎖がツラい…『進撃の巨人』4期72話、ガビの残酷な現実に「地獄の始まりか」「究極の描写だった」リヴァイの発言も泣ける
『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)第72話「森の子ら」では、ニコロとガビがついに対面。緊迫した命のやりとりが話題を呼びました。リヴァイの発言にも涙が? みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』Season4(4期)第72話「森の子ら」ではブラウス家がニコロの招待でレストランに。サシャの仇であるガビが、ついにニコロと対面します。
「15分に込められる感情の量じゃない」と視聴者を驚かせたニコロの言動に注目が集まりました。

また、リヴァイ兵長の「モテたことくらいある」発言に視聴者が涙した理由とは?

リヴァイの「モテたことくらいある」が泣ける

冒頭はジークと会話するリヴァイのシーン。「お前モテねえだろ」とジークに言われたリヴァイは、少し間をおいてから「モテたことくらい……ある」と返します。

強がっているようにも見えますが、視聴者は「たしかにモテたことはある。……全員亡くなっているけど」とこれまでの展開を思い出した様子。
言葉の前の空白にも注目し、「これまでの仲間のことを思い出したとしたら泣ける」、「兵長を人として愛してくれた人はたくさんいた」、「モテた、の意味を考えるとつらい」など、セリフの裏に隠された真意が涙を誘いました。

ニコロとサシャの父の対比がさすが

ニコロの招待でレストランにやってきたブラウス家。ガビとファルコは隙を見て、マーレ人捕虜であるニコロに接触します。
もうすぐマーレ軍が突入してくるはずだと伝える中で、サシャの仇はガビだったことが発覚。ニコロはガビの命を奪おうとします。

しかしサシャの父は、ニコロを説得してガビを救出。
「子どもが大人を殺すのを受け入れて、大人が子どもを殺すことを拒む。対比が光る究極の描写だった」、「憎悪の連鎖を断ち切る唯一の発想。ブラウスさんさすが」と、戦う以外の方法で対処したサシャの父を評価する声が多く見られました。

また、ニコロの演技にも反響が。
「ニコロがマーレの洗脳を上回るほどサシャを想っていたかと思うと泣ける」、「ニコロと中の人の演技がすごい。15分に込められる感情の量じゃなかった」と、めまぐるしく変化する心情が描かれました。

⇒次ページ:ガビは地獄の入り口に……

ガビは地獄の入り口に……

24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません