『ひぐらし』第14話、“鬼狩柳桜”登場に驚き!沙都子が隠した可能性も…梨花はどうなる?

掲載/更新 0
『ひぐらし』第14話、“鬼狩柳桜”登場に驚き!沙都子が隠した可能性も…梨花はどうなる?
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第14話(猫騙し編 其の壱)を振り返り! “鬼狩柳桜”の登場にファンがざわついた今回。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村を舞台に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれ、2020年秋、完全新作「ひぐらしのなく頃に業」として再アニメ化されました。

1月7日(木)に放送された第14話「猫騙し編 其の壱」は、梨花視点の物語。ゲーム版に登場する“鬼狩柳桜”がフィーチャーされ、ファンをざわつかせています。

予想外の「鬼狩柳桜」登場に驚き!

物語は、レナや梨花たちが集まっている綿流し祭からスタート。前回「祟騙し編」で沙都子が圭一を家に連れて行ったあとの、回想シーンのようです。

みんなが祭を楽しんでいると、そこへ血だらけのバットを持った刑事の大石が。
目を血走らせた大石は、突然梨花の首を絞め、止めに入った住民を銃で撃ってしまいました。

首をかきむしり、雛見沢連続怪死事件はお前の差し金だろうと怒り狂う大石……首をかきむしる行為は、ひぐらしでは雛見沢症候群の末期・L5としておなじみです。

前回「祟騙し編」の最後で、レナが圭一に「大石さん」「拳銃」「みんな死んじゃった」という言葉を伝えたことから、一部で大石の発症は疑われていました。
しかし、「大石が撃ったとは言ってないからミスリードでは?」という意見もあったため、発症していた事実にショックを受けた人も多かったようです。
大石が詩音と魅音、梨花を手にかけるのを見て、叫ぶレナ。そこへふらりと沙都子が現れアニメはOPへ──。
その後の沙都子については描かれていませんが、レナが圭一に告げた通り死んだとしたら、大石に撃たれたということに。
大石のバットは、前回圭一が鉄平を殴った時のものなのかどうかも気になります。
殺された梨花は、パラレルワールドの欠片が舞う世界へ。そこでは羽入​が梨花を心配そうに見おろしていました。​

羽入は、旧作と違い梨花が“自分を手にかけた相手を記憶してループできる”よう変更しましたが、それだけで惨劇に勝てるわけでもなく……。
100年以上も仲間の死を見続け苦しむ梨花に、“繰り返す者”の命を絶つことができる剣「鬼狩柳桜」の存在を教えます。

鬼狩柳桜はゲーム版ひぐらしに登場した、昔、羽入の娘が羽入を鎮めた剣。
旧作TVアニメでフィーチャーされることはなかったため、「ここで鬼狩柳桜は予想外」、「旧作と全く違う展開になりそう!」とファンは大盛り上がり。特にゲーム版も遊んだ人には胸熱だったようです。

「鬼狩柳桜」は誰かが隠した?

そして、雛見沢へ再びループした梨花は、沙都子と暮らす家で起床。
暗い気分のまま魅音たちとの部活に出向くと、自分一人をみんなが見つけるかくれんぼを提案します。

かくれんぼが始まると祭具殿へ向かい、鬼狩柳桜を取りだそうとオヤシロ様像に触れる梨花。
第7話で詩音・鷹野・圭一が祭具殿に入った時にオヤシロ様の頭が取れたのは、鬼狩柳桜を収納する仕掛けだったことが判明しました。

しかし、なぜか鬼狩柳桜は入っておらず、あるのは欠片ひとつだけ。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません