『進撃の巨人』4期第74話、“人形”はエレンたちの暗喩か?ジークの壮絶な過去に「もう誰が悪いのか…」「リヴァイが悪者のよう」

『進撃の巨人』4期第74話、“人形”はエレンたちの暗喩か?ジークの壮絶な過去に「もう誰が悪いのか…」「リヴァイが悪者のよう」
『進撃の巨人 The Final Season』(Season4/4期)第74話「唯一の救い」では、ジークの過去が明らかに。すべてを知ると「リヴァイ兵長が悪人に見える」と視聴者を驚かせました。みんなの反応や感想をチェック!
TVアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(Season4/4期)第74話「唯一の救い」では、ジークの過去が明らかに。エレンと手を結ぶまでの過程が描かれました。

まるでライナー」だと思わずにはいられないジークの幼少期とは?
リヴァイ兵長への印象が変わる巧みな演出にも注目です!

ジークとライナーが重なる。エレンの母親との対比も…

「ちっちゃいときのジークがかわいすぎる」と話題になった、ジークの回想シーン。
マーレの戦士になって巨人の力を継承するよう、幼少期から厳しく育てられていました。

成績は乏しいながらも、親の期待に応えるため必死に頑張るジーク。
そのまっすぐな姿は「まるでライナーみたいだな」と思わせるほどでした。
30 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは