『ひぐらし』第18話、梨花への“ずっと一緒”が呪縛か…沙都子と離れる理由に考察が。入江の言葉は本当か?

掲載/更新 0
『ひぐらし』第18話、梨花への“ずっと一緒”が呪縛か…沙都子と離れる理由に考察が。入江の言葉は本当か?
再アニメ化で話題沸騰のTVアニメ『ひぐらしのなく頃に業』第18話(郷壊し編 其の壱)を振り返り! いよいよ沙都子の謎の全てがあきらかになる解答編に突入か、と話題になった今回。みんなの感想や考察を、あらすじを交えてご紹介します。
同人ゲームを原作とし、2006年より放送を開始したアニメ『ひぐらしのなく頃に』。主人公の圭一が転校した雛見沢村で起きる‟オヤシロ様の祟り”を軸に、第1期では「鬼隠し編」「綿流し編」から「罪滅し編」が、第2期では「厄醒し編」「皆殺し編」「祭囃し編」のストーリーが描かれ、2020年秋、完全新作「ひぐらしのなく頃に業」として再アニメ化されました。

2月4日(木)に放送された第18話では、「郷壊し編」が開幕。いよいよ本格的な解答編に突入し、沙都子の心の内がすべてあきらかになるのでは?と注目を集めています。

梨花たちが中学生に!入江の言葉を怪しむ声も…

冒頭は、旧作のクライマックス「祭囃し編」の回想と思われる場面から。
悪事に手を染めた鷹野に富竹が償ってやり直そうと優しく声をかけ、沙都子は梨花に“これから何があっても自分達はずっと一緒だ”と笑います。
この辺りは旧作で描かれなかった部分ですが、今回開幕した「郷壊し編」は「祭囃し編」のその後ということでしょうか。

場面は一変し、沙都子と梨花が中学生になりセーラー服で登校する様子が。雛見沢分校には圭一やレナの姿がありますが、年上の魅音は興宮の高校に進学したことがわかります。
「寂しい」とこぼす沙都子。部活もメンバーを増えたことでズルやトラップは禁止になり、沙都子は神経衰弱で負けてしまいます。

沙都子には、成長して理想の未来を得られなかったからループしているという説があり、以前と違う教室の光景に、ファンも「やっぱり大好きだった頃の雛見沢に戻りたいんだろうな」、「友達と疎遠になる寂しさはわかる…」と複雑な心境に。
魅音のいない学校というのは、旧作アニメ本編でも想像できないものでした。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません