意味深…アニメ『呪術廻戦』第21話、五条悟のオリジナルシーンに考察が。“蟻”の意味するものとは?

掲載/更新 0
意味深…アニメ『呪術廻戦』第21話、五条悟のオリジナルシーンに考察が。“蟻”の意味するものとは?
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。第21話「呪術甲子園」は日常ギャグ回。小ネタ満載のシーンにSNSではツッコミが相次ぎました。また、五条悟のあるシーンには考察が。ほか感想や見どころをご紹介!
「週刊少年ジャンプ」連載中の『呪術廻戦』。アニメ第21話「呪術甲子園」では特級呪霊たちの介入によって一時休戦となった東京・京都の呪術高専の交流会2日目の模様が描かれます。互いの命を削り合う激しいバトルとは一転、日本の国民的スポーツ・野球で決着をつけることになりますが……。

小ネタ満載のシーンにSNSではツッコミが相次いだ今回。また、五条悟のあるシーンには考察が繰り広げられました。
それでは、アニメ『呪術廻戦』3月5日(金)放送の第21話「呪術甲子園」を振り返ります。

日常ギャグ回!ツッコミたくなる小ネタ満載

『週刊少年ジャンプ』の人気漫画では恒例となっている、本編とはかけ離れたフィールドでキャラクター同士が競い合う日常ギャグエピソード。キャラクターたちの素顔や関係性を楽しむことができるのが楽しいポイントで、呪術廻戦では、「ルーティンって嫌いなんだよね」という五条先生の提案により交流会2日目の種目が野球勝負に決定します。

原作を準拠しつつも、そこかしこにオリジナルネタを仕込んでくれるアニメ『呪術廻戦』。野球回では各キャラクターたちの紹介テロップに初出しの小ネタが投下されます。
38 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません