『半妖の夜叉姫』第18話、殺生丸の瞳が優しかった…「パパの顔してる」「キュンです」麒麟丸との戦闘も大迫力!

掲載/更新 0
『半妖の夜叉姫』第18話、殺生丸の瞳が優しかった…「パパの顔してる」「キュンです」麒麟丸との戦闘も大迫力!
『半妖の夜叉姫』第18話「殺生丸と麒麟丸」を振り返り! 殺生丸と娘たちがついに対面し、殺生丸の父親らしい一面が見られたことにたくさんの感想が呟かれています。また、殺生丸vs麒麟丸、迫力の戦闘にも注目が!
高橋留美子先生原作の『犬夜叉』の続編となるTVアニメ『半妖の夜叉姫』。2月6日に放送された第18話「殺生丸と麒麟丸」では、ついに夜叉姫たちの前に麒麟丸が立ちはだかります。

麒麟丸の圧倒的な強さの前に為す術なくピンチに陥ったとわせつなもろはの元へ殺生丸が現れ、ついに父娘の対面が実現! 父らしい一面が垣間見え、“殺生丸様”がトレンドワードに入るほど多くの感想で賑わいました。中でも、みんなが注目したポイントは?

娘を見る殺生丸の表情が優しい……「言うな」の一言が深い!

立ちはだかる麒麟丸を相手に手も足も出ない夜叉姫たちの前へ、突如現れた殺生丸。その登場に多くの視聴者が歓喜の声を挙げ、Twitterでは“殺生丸様”がトレンド入りするほど。

とわ・せつなと殺生丸がついに対面を果たしたしたものの、残念ながら父娘の直接的な会話はありませんでした。しかし、登場から麒麟丸と話している際も、終始殺生丸の視線がとわとせつなに注がれていたことが話題となり、娘たちを気に掛ける殺生丸の姿が喜ばれました。

さらに、娘たちを見る殺生丸と、邪見を見る殺生丸とでは、前者のほうが眉の角度がなだらかでどこか優しいまなざし。これに気付いたファンは「娘を見る殺生丸様、目が優しくてキュン」「表情が変わった……お父さんの顔だった……」「やわらかい表情で娘を見つめる殺生丸が見れる日が来るなんて感謝しかない」など、これまででは有り得なかった父らしい殺生丸の一面に、多くの人が心を打たれたようでした。
また、合わせて注目を集めたのはとわとせつなを放っておいて良いのかと気を揉む邪見に殺生丸が放った「言うな」の一言。いつもの殺生丸であればスルーするか「黙れ」と一蹴しそうなものですが、この「言うな」には何か深い事情があることを感じさせられました。

SNSでは、「“言うな”から複雑な感情がくみ取れる」「ほんとは娘たちとちゃんと話したいけど今はまだその時じゃないってことなのかなあ」「三文字に色々込められてる感じがして泣きそう」「裏で必死にりんちゃんや双子のために動いてるのかな……」といった感想が。言葉の少ない殺生丸だからこそ、たったの一言にも重みがありましたね。

紹介文が「尊い…」殺生丸vs麒麟丸もかっこいい!

殺生丸、とわ、せつな、邪見と、りんをのぞく殺生丸ファミリーの対面を見ることができた第18話ですが、ラストにはりんも画面に映し出されました。

殺生丸が登場した際には「とわとせつなの父」、りんが登場した際には「とわとせつなの母」と対になるテロップがついており、これに往年のファンは大興奮。「殺生丸とりん、本当に夫婦なんだね……」「二人の紹介文尊すぎる」「父と母……感慨深いとはまさにこのこと」と殺生丸とりんの関係を改めて認識し、続々と喜びの声が挙がりました。

りんの封印も解け、殺生丸一家が全員で同じ画面に揃う日が早く来ることを祈るばかりです。

⇒次ページ:殺生丸vs麒麟丸がかっこいい!
そして、今回のもう一つの見どころは殺生丸と麒麟丸の戦い。

刃を交えた時間はそう長くはありませんでしたが、視聴者からは「殺生丸vs麒麟丸すごい迫力!」「強者どうしの戦いって感じでかっこいい」「見応えある対決!」「夜叉姫たちの戦いとはレベルが違う……!」などの感想が挙がり、獣王と呼ばれる大妖怪二人にふさわしいさすがの戦闘シーンとなりました。

また「美形二人の戦いたまらん」「綺麗なロン毛妖怪が二体……」「殺生丸と麒麟丸の戦い美しいな」「甲乙つけがたい美しさだなあ」と殺生丸と麒麟丸それぞれの容姿の美しさもこのシーンを盛り上げました。
29 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません